体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

経営者にとって「若さ」はマイナス?

エンタメ

小島さんが著した『ウィルゲート 逆境から生まれたチーム』書影

 どんな企業にも歴史があり、そしてドラマがあるものだが、そういったドラマが表に出るとき、美化されてしまうことが多い。
 しかし、「現実は想像よりも生々しく、厳しい」と語るのは株式会社ウィルゲート代表取締役の小島梨揮さんだ。今回小島さんが上梓した『ウィルゲート 逆境から生まれたチーム』(ダイヤモンド社/刊)は、ITベンチャー企業であるウィルゲートが、学生ベンチャーとして立ち上がり、逆境から業界トップクラスに至るまでの、ウィルゲートの歴史がつづられた一冊だ。
 高校在学中の起業以来、幾多の危機を乗り越えてきた小島さんと彼の仲間たち。飾らないで書こうと思ったという本書は、チームとは何か、その本質に迫る内容となっている。そんな本書について小島さんについてインタビューを行った。昨日の前編に引き続き、今回は後編をお伝えする。
(聞き手/金井元貴)

■経営者にとって「若さ」はマイナス?

―また、本書を通じて感じたのが、専務取締役である吉岡諒さんの存在の大きさです。

「そうですね、すごく大きな存在です」

―小島さんにとって吉岡さんはどのような存在なのでしょうか。

「ある意味で、全てを託すことができるパートナーですね。人間はどん底のときに本性というか、本質や性格が出ると思います。ウィルゲートショックが起きたとき、他の道にいけば輝かしい未来があるかも知れないのに、多額の借金を持ってつぶれてしまいそうな会社の連帯保証人になって、あえて苦しい道を一緒に進んでくれるという選択肢は普通取らないと思うんですよ。でも、そこで『当たり前でしょ』って言って自分を支えてくれたというのは、言葉よりも行動が全てですから、本当に信頼できますね。一緒に築き上げてきたという絆があるからこそ、怖いものはないですし……やはり、全てを託すことができるパートナーですね」

―もともと、幼馴染みですからね。

「そうですね、親友でもありますから」

―でも、そうなるとビジネスパートナーとしての関係と親友、幼馴染みとしての関係、この2つが混じってしまうことはあるのではないでしょうか。

「お互い会社を良くするためには自分を厭わないというスタンスを知っています。だから、その人を尊重するということは会社を尊重することはイコールになりますから、言いたいことはためらいなくどんどん言いますね。直して欲しいところはシンプルに伝えますし、それを受け入れてくれるという信頼関係が築かれていますから。喧嘩になったこともありませんし」

―2人で飲みに行くことはあるんですか?

「行きますよ。あとは一緒に遊びに行ったり、みんなでスポーツしたりとかアクティブな感じです」

―本書では高校3年のときに創業して以来、現在までの7年間がつづられていますが、それでもまだ25歳でいらっしゃるんですよね。若いということについて、経営者として負い目を感じたことはありましたか?

1 2次のページ
エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会