体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

KDDI、HTC初の日本独自モデル「HTC J ISW13HT」を5月25日より発売

KDDIは5月18日、HTC初の国内独自モデルとなる「HTC J ISW13HT」を5月25日より発売すると発表しました。HTC J ISW13HTはAndroid 4.0(ICS)、4.3インチqHD解像度のSuper AMOLEDディスプレイ、Qualcomm Snapdragon S4のデュアルコアプロセッサを搭載いたハイスペックなWiMAX対応Androidスマートフォン。日本独自モデルということで、「おサイフケータイ」、「赤外線通信」、「ワンセグ」、「Eメール(~@ezwe,ne.jpj)」、「緊急速報メール」などにも標準対応しています。端末販売価格は、新規/機種変で52,920円、MNP・サンクスチェンジで42,420円。毎月割の割引額は、新規・機種変・MNPで1,260円/月(24ヶ月間の適用で30,240円割引)、サンクスチェンジでは1,768円/月(24ヶ月の適用で42,432円割引)。今月8日より実施中の「HTC J登場キャンペーン」では、キャンペーンサイトにて購入を宣言し、期間内にISW13HJTを購入すると、もれなく「電池パック」と「HTC J 専用ジャケット」がプレゼント、抽選で500名に「Beats Solo」ヘッドホンをプレゼントされます。Source : KDDI  



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony、国内版Sony TabletのAndroid 4.0.3アップグレードを5月24日に開始
NTTドコモ、Xi対応スマートフォン3機種の月々サポート割引額を増額
Tegra 3・TVチューナー搭載13.3インチタブレット「REGZA Tablet AT830」とAndroid 4.0版「REGZA Tablet AT700」が本日発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。