体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トマ豆富にトマヤムクン! 人気レストラン考案の一味違うトマトメニューを食べてみた

エンタメ

サントリーフラワーズ株式会社が2008年から展開する家庭菜園用の苗「サントリー 本気野菜」。中でも特に人気の「本気野菜 トマト」と野菜メニューが人気のレストラン「六本木農園」がコラボレーション。スペシャルメニューが5月16日~6月30日の期間限定で登場します。

「サントリー 本気野菜」は、家庭菜園用に育てやすく、新しい美味しさを創る野菜苗シリーズ。スーパーや青果店で買うことの出来ないオリジナルの品種と育てる楽しさが人気を集めています。

「六本木農園」は“農業実験”レストランをテーマに、農業、漁業、酪農の若手生産者「こせがれ」と協力し、安全で美味しい食材を基に美味しい料理を提供。

今回「六本木農園」がコラボメニューで使用する野菜は、いままさに旬をむかえるトマト。「本気野菜」から選定された、プラム形が特徴的でぶどうのような食感の「ピュアスイートミニ」、柔らかな果肉と甘みを持つ「フルーティミニ」、甘みと酸味のバランスがとれた「ピュアスイートミニイエロー」、口どけの良い濃厚な味わいの「ボンリッシュ」の4品種が用いられます。

ピュアスイートミニのラビオリ仕立て

トマト、カッテージチーズ、オレガノなどを口当たり良い生地に包みラビオリ仕立てに。ローストしたパプリカを加えた風味豊かなトマトソースでいただきます。濃厚な味わいはワインにピッタリ!

ピュアスイートミニの三変化~カプレーゼ New Style ブルーチーズの香りと共に~

甘みの強いピュアスイートミニを3つのスタイルで味わえるお料理。まずはそのまま、次にくるみやバジルを混ぜ込んだトマト煎餅、最後はトマトパウダーをまぶした濃厚なトマトゼリー。ブルーチーズのソースはフワフワと泡の様に軽く、シンプルなトマト料理カプレーゼの新しい美味しさを楽しめます。

フルーティミニトマ豆富~わさび風味の塩糀オリーブオイルとよもぎとジェノベーゼソースを添えて~

何とトマトと豆乳でもちもちの葛豆富が! 三杯酢に漬けたトマトとこごみをトッピングし、わさび風味のソースでいただく和風なメニュー。初夏にピッタリの爽やかさ。

四種のトマト&白味噌のキッシュとラタトゥイユ

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会