ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

誰よりもたくさん肉をとれ!『~お肉バンバン取り合いゲーム~焼肉王』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

yakinikuou01

バンダイの子会社・メガハウスは、焼肉をモチーフにしたアクションゲーム『~お肉バンバン取り合いゲーム~焼肉王(以下、焼肉王)』を7月23日に発売します。

『焼肉王』はその名の通り、たくさんお肉をとった人が勝者となるアクションゲーム。本体がお肉を焼く網になっており、その上に載せたお肉やウィンナー、野菜などの具材をトングを使ってすばやく取り合います。各具材にはそれぞれ点数がついており、終了時に合計点数が一番高い人が勝ちになります。

yakinikuou02

具材は“焼けた状態”と“生の状態”の面があり、ゲームスタート時は“生の状態”を上に網に載せます。“生”の状態では取りづらいのですが、“焼ける”とひっくり返って取りやすくなるので、ひっくり返る瞬間を狙って具材を取るのがコツです。トングには、具材が取りやすくなるハンデパーツを取り付け可能ですので、小さな子どもも一緒に楽しめます。

焼肉屋は『子どもたちが家族で外食する場所ランキング(バンダイこどもアンケートレポート2007年5月調査)』で4位、焼肉は『子どもたちの憧れの食べ物(バンダイこどもアンケートレポート2008年7月調査)』では8位と子どもに人気の高い食べ物。景気後退や新型インフルエンザの影響で、外出を控えて家庭内で楽しむ“巣ごもり”が増えていることを背景に、「家の中で、リーズナブルに、安全に、家族みんなで焼肉を“何度でも”お楽しみください」とのこと。でも、『焼肉王』で遊んでいるとつい焼肉を食べたくなって「じゃ、焼肉食べにいくか?」「ワーイ!」と外食しちゃうかもしれないですよね。

メインターゲットは、5~7歳の子どもとそのファミリーで、販売は全国の玩具店、百貨店・量販店の玩具売り場にて、価格は3990円(税込み)です(このニュースの元記事はこちら)。
 
『~お肉バンバン取り合いゲーム~焼肉王』概要
本体サイズ:W300×D260×H62mm
セット内容:本体1個(お肉を焼く網)、具材14個(お肉×6、ウィンナー×2、ピーマン×2、コーン×2、たまねぎ×2)、トング4本、ハンデパーツ(3セット)
プレイ人数:最大4人
 
 
■こんなお肉の記事もあります
焼肉と寿司、どっちがごちそう? 5000人に聞いた調査結果を発表!
【日曜版】まさに最高峰! ハンバーグ食べ放題の店が浅草に!【休日は肉】
【日曜版】漢達の楽園、唐揚げ食い放題の店が下北沢にあった【休日は脂】

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。