体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Lenovo、ST-Ericssonのデュアルコアプロセッサを搭載したAndroid 4.0スマートフォン「S899t」を開発中

中国LenovoがAndroid 4.0を搭載した低価格のデュアルコアスマートフォン「LePhone S899t」を開発しているそうです。上図がそのS899tで、中国移動向けのTD-SCDMA対応端末とのこと。ディスプレイは4.5インチqHD(960×540ピクセル)のIPS液晶、プロセッサはXperia P/U/solaに見られるST-Ericsson NOVA Thor U8500 1.0GHz(デュアルコア)を搭載。本体の厚さ9.9mmとされています。それ以外のスペックは伝えられていませんが、価格は1,299元(約16,500円)とされています。発売日は不明ですが、6月か7月に発売されると噂されています。

S899tを名乗る端末がすでにNenamarkに登場しています。その端末のテスト結果によると、OSはAndroid 4.0.3、CPUクロックは1.0GHz、GPUはARM Mali-400MP、解像度は897×540。プロセッサの型番は確認できませんが、CPUクロックとGPU情報からU8500の可能性は高そうです。縦の画素数が”897″と中途半端なのは、Android 4.0のオンスクリーンボタンを採用ことによるものと思われます。Source : PC OnlineNenamark 



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S III用Samsung純正アクセサリー4製品の価格が判明
NTTドコモ、「通訳電話サービス」の試験サービス第2回目を6月1日より実施
HTC One X用カスタムカーネル「Bricked Kernel」が公開、操作ボタンをなぞるだけでスリープから復帰できる”Sweep2Wake”機能あり

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。