体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まるで厳かな食事風景のよう!? ブラックホールが星を飲み込む瞬間(動画あり)

120514burakku01.jpg

「ブラックホール」といえば、宇宙のどこかで大きな口を開け、その比重の大きさで近づくものすべてを飲み込んでいく。
よってその姿は見ることができない……そう思っていた私ですが、このたび「アメリカの研究チームが27億光年(!)離れた銀河の中心にあるブラックホールを発見し、そのブラックホールが星を飲み込む様子を撮影することに成功した」という情報をキャッチ!
さっそくですが、数か月かけて撮影したその一部がこの画像です。
 
中心点に向かっていく光の筋、曲線を描いて渦を巻くように吸収されていく光。この静かな動画は、もしかしたらブラックホールの厳かな食事風景なのかもしれませんね。
調べてみると、世界で初めてブラックホールに星が吸い込まれる瞬間を観測したのは、つい昨年のことだそう。なんと日本の実験棟「きぼう」の快挙だそうです。
そのとき観測していたのは地球から39億光年離れたブラックホール
太陽系から約6000光年の距離にある、太陽の9倍以上もの質量を持った「白鳥座X-1」もブラックホールだろうといわれているようですが、いまだ完全な証明はされていないとか。
その絶望的なまでに壮大なスケールや、不可知の物事への畏敬の念を抱きながらも、ロマンと憧憬をかき立てる宇宙。
そのなかで光はどうなるのか、飲み込まれた物質はどこへいくのか、ブラックホールについて語り出すとキリがなくなってしまいそうです。
が、私が今回1番ビックリしたのが、こういった現象を観測・撮影するテクノロジー。人間の科学力はどこまで発達し、何を見せてくれるのでしょう。ドキドキしながら見守りたいと思います。
カラパイア
(小坂井良子)



(マイスピ)記事関連リンク
5月21日の金環日食までに絶対やっておきたい「新月に願いを叶えるワーク」
デザイン100種類以上! 25年ぶりの金環日食は個性あふれる日食グラスで楽しみたい
山や森の次は宇宙を見よう! 天体に興味を持つ『宙ガール』って!?

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。