ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

株式会社出版デジタル機構の代表取締役に野副正行氏が就任しました

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

野副氏は、ソニーの電子書籍事業を立ち上げ時の担当役員で、電子出版に対する造詣が深く、映画や広告業界においてコンテンツ・ビジネス経験を積まれてきたそうです。以下、同社のプレスリリースとなります。
報道関係者各位                                            2012年5月11日株式会社出版デジタル機構取締役会長     植村 八潮代表取締役社長 野副 正行
出版デジタル機構 代表取締役の異動(社長交代)に関するお知らせ
株式会社出版デジタル機構(東京都千代田区神田神保町)は、平成24年5月11日開催の株主総会及びその後行われた取締役会において、下記の通り、代表取締役の異動(社長交代)と取締役及び監査役11名の選任を正式に決定いたしましたのでお知らせいたします。
1.代表取締役の異動について
 新役職名         氏名        旧役職名取締役会長       植村 八潮       代表取締役代表取締役社長     野副 正行             新任
2.異動の理由
当社は、本年4月2日に「すべての出版物のデジタル化を目指して」、資本金3億2400万円で設立いたしました。 設立時における株主は11出版社でしたが、その後、設立趣旨に賛同した産業革新機構の大型出資を始め、 大日本印刷、凸版印刷、角川書店、インプレスホールディングスが新たに株主に加わり、資本金39億2800万円までの増資が決定いたしました。それに伴い、新しい代表取締役、社長、役員が任命されました。
3.新任代表取締役社長のご紹介
野副正行(のぞえ・まさゆき)1949年東京生まれ。慶應義塾大学理工学部卒業後、1972年ソニー株式会社入社。33年間勤務。 その間20年をアメリカでマネージメント経験を積む。エレクトロニクス、通信、エンタテインメント(映画、音楽)などの広い分野でのマーケティング、新規事業開発、現行ビジネスの再建などで実績を残す。1996年よりハリウッドに移り1996年ソニーピクチャーズ副社長、1999年共同社長、2000年よりソニー株式会社執行役員常務。2005年ボーダフォン株式会社執行役副社長、2007年より2009年まで株式会社I&S BBDO代表取締役社長&CEO。
○株主各位のコメント
産業革新機構・能見公一社長「野副正行氏は海外も含め、IT分野、コンテンツ分野、エレクトロニクス分野などで豊富な経験をお持ちであり、かつ明るく、強い経営者としての実績も持たれています。同氏のリーダーシップのもと、出版デジタル機構が、電子出版物の普及やインフラ整備等を促進していくことを確信しています。」
小学館・相賀昌宏社長「コミックのみならず、日本の出版コンテンツは、十分海外にも通用するものと思います。今後電子出版の海外展開をはかる上でも、野副さんの海外でのコンテンツビジネスの経験が大きく生きててくるものと思います。」
講談社・野間省伸社長「野副さんに初めてお会いしたのはもう10年以上前ですが、何事においてもご自身のお考えをわかりやすく主張される方で、感じ入った記憶があります。野副さんの魅力は、一言で申しますと、コンテンツとハード・通信のそれぞれをわかっておられる経営者であるということです。かつてソニーが電子書籍事業を立ち上げたときの担当役員でもあり、電子出版に対する造詣が深いことは間違いありません。また、映画や広告といった業界においてもコンテンツ・ビジネスの経験を積まれており、まさに今回の新事業のトップとして最適の人物であると思います。」
集英社・堀内丸恵社長「出版デジタル機構はここまで出版社連合として隊列を組んできましたが、新たに産業革新機構よりご出資をいただき、野副正行氏をCEOとして迎えることになりました。野副氏の幅広い知識と出版に対する深い愛情は、当機構を必ずや良い方向に導いてくれるものと期待しております。」
4.新取締役会長のご紹介
植村八潮(うえむら・やしお)1956年千葉県生まれ。東京電機大学工学部卒業後、東京電機大学出版局において、主に理工系専門書単行本や電子出版物の編集業務に携わる。2007年より2012年3月まで同局長。2007年、東京経済大大学院(コミュニケーション学)博士課程修了。2000年より日本出版学会理事・事務局長、現在は副会長。IEC(国際電気標準会議)TC100/TA10(電子出版分科会)マネージャー。2001年より大学非常勤講師。2012年4月より専修大学文学部教授。
5.取締役及び監査役の選任について
株主総会及び取締役会において、以下11名の選任を正式に決定いたしました。取締役会長    植村 八潮               ※役職異動代表取締役社長  野副 正行               ※新任社外取締役    土田 誠行 (産業革新機構)      ※新任社外取締役    福井 義高 (産業革新機構)      ※新任非常勤取締役   野間 省伸 (講談社)非常勤取締役   堀内 丸恵 (集英社)非常勤取締役   相賀 昌宏 (小学館)非常勤取締役   山崎 富士雄(大日本印刷)       ※新任非常勤取締役   大湊 満  (凸版印刷)        ※新任非常勤監査役   菊池 明郎 (筑摩書房)非常勤監査役   青沼 克典 (産業革新機構)      ※新任
6.就任予定日
平成24年5月11日
(参考資料)■株式会社出版デジタル機構について商号:株式会社出版デジタル機構(サービス名称:パブリッジ)HP:http://www.pubridge.jp英語名:Digital Publishing Initiatives Japan Co.,Ltd(Service name:pubridge)所在地:東京都千代田区神田神保町1-3 冨山房ビル 3階設立:2012年4月2日資本金:設立時 3億2400万円 、増資後 39億2800万円取締役会長:植村 八潮代表取締役社長:野副 正行株主:インプレスホールディングス、角川書店、勁草書房、講談社、光文社、集英社、小学館、新潮社、筑摩書房、版元ドットコム、文藝春秋、平凡社、有斐閣、産業革新機構、大日本印刷、凸版印刷■出版デジタル機構の目指す姿電子出版物100万点を達成し、電子出版物の普及を促進する電子書店、図書館を通じ、広く読者に対して電子出版物を提供する出版社の電子出版事業拡充に資するインフラを構築する
以 上
※この件に関してのお問い合わせは出版デジタル機構(宮武・中村)までお願いいたします。TEL: 03-3518-9750 mail:press@pubridge.jp

東京プレスクラブの記事一覧をみる ▶

記者:

東京プレスクラブについて: 「オープン&シェア」を合言葉に、現在話題となっている出来事の取材やネットでのオープンな資料・素材公開をおこなっているブログメディアです。特定の記者やジャーナリストだけではなく「新しいテクノロジーを使って誰でも参加できる情報共有の場をつくる」ことを目標に、共有すべき資料は迅速に共有し拡散することで皆さんのお役に立つことを目指しています。 東京プレスクラブに掲載された情報は転載・引用・転送・共有・拡散、すべて自由です。もちろん、ブログ、ニュースサイト、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等々のメディアでの利用も自由です。

ウェブサイト: http://tokyopressclub.com

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。