ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ギャルゲー『ドリームクラブ』担当者が童顔過ぎて10代に間違われる

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

setsu_02

発売前から究極のギャルゲーとして注目を集めているXbox360用ゲームソフト『ドリームクラブ』。キュートな女の子たちがいるドリームクラブというお店に通い、お気に入りの女の子とコミュニケーションをとるゲームだ。

新情報が出るたびにファンが歓喜する状態の『ドリームクラブ』だが、いよいよ来月(8月)に発売が迫っている。今後も注目していきたいゲームのひとつといえるだろう!

そんな『ドリームクラブ』の情報をいつもマスコミに伝えてくれる、発売元のD3パブリッシャーのO氏(男性)。O氏はその明るいキャラクターで業界でも評判の人物なのだが(……多分)、アメリカ滞在中にスーパーでお酒を買おうとカゴに入れてレジに行ったところ、「ヘイ! ボーイッ!」と言われたかどうか定かではないが、10代と間違われてIDカードかパスポートの提示を求められたというのだ! これにO氏は激しいショックを受けたという。なぜなら……。

なぜなら、O氏は日本では30代に間違われることはあっても、10代に間違われることはなかったからである。このときのようすを、O氏はいかのように振り返っている。

「え? なんでIDいるんだろうと思ったら。まさかまさかの展開で、どうもお酒が引っかかる年齢、 つまり20以下と疑われた様子(苦笑)。ここ数年年上と疑われたことはあっても、年下に見られたケースはほぼ皆無。しかも10歳下。楽しそうにパスポートを見るレジのお姉さん。数字を確認して仰天」(O氏談)

O氏が30代とわかったレジの女性はけっこう驚いたようで、「お互い苦笑い」だったという。このときの感想をO氏は「日本では30以上に見られるのに、20以下。日本人は若く見られがちとは聞いていましたが、アメリカはなんて素敵な国なんだ、と思ってしまいました(笑)」と語っており、アメリカへの移住を考えたとか考えなかったとか。

とりあえず『ドリームクラブ』のファンとしては、アメリカへの移住は『ドリームクラブ』を発売してからじゃないと困るんだからねっ! といったところか(このニュースの詳細記事はこちら)。

(C)D3 PUBLISHER

■インターネットエンタメニュースはこちら
憧れのカプコンに入社しファミ通レビューで殿堂入りしたものの…
しょこたんが矢口真里にタイマン勝負!? ブログの更新数で張り合い
児童ポルノに関して政党に電話突撃した『ニコニコ動画』が大人気
岡山でメガドラ焼きが大人気! セガ「ヒットを心よりお祈りしています」
Xbox360が1300台も盗難される! 約7500万円相当の被害

hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。