体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NTTドコモ未発表のSamsung SC-06D(Galaxy S III?)がWi-Fi Allianceの認証を取得

NTTドコモ向けと思われるSamsung製「SC-06D」がWi-Fi Allianceの認証を取得しました。SC-06Dというドコモ型番の機種は未発表ですが、認証情報によると、IEEE802.11a/b/g/n、Wi-Fi Directにも対応したスマートフォンのようです。”D”モデルなので夏モデルとして準備されているものと思われます。SC-06Dは既にAntutuベンチマークの公式サイトで顔を見せており、Android 4.0.4、最大CPUクロックは1512MHzであることが判明しています。Samsungは日本でGalaxy S IIIのLTE版を今夏に発売することを表明済みで、Galaxy S IIIのLTE版にはデュアルコアSnapdragno S4を使用したものもあると伝えられていることから、SC-06DはGalaxy S IIIのLTE版と予想されています。Source : Wi-Fi Alliance



(juggly.cn)記事関連リンク
「Yahoo!ブラウザー」がv1.0.7にアップデート、クイックコントロールメニューと閲覧履歴保存のON/OFFが可能に
ASUS、EeePad Slider SL101台湾モデルのAndroid 4.0アップグレードを開始
Sony Mobile未発表のXperia低価格モデル「ST21i "Tapioca"」の画像やスペック情報がまた流出

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。