体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東北大震災の被災地名が、新しい小惑星の名前に命名!

120509syowakusei.jpg

国立天文台の公式サイトによると、「国際天文学連合は、先頃発行した『小惑星回報』(MPC:Minor Planet Circular)を通じて、新しく承認された小惑星の名前を公表」されたとし、「被災地名などが小惑星に命名された」と発表しています。
2012年5月16日から新潟市『朱鷺(とき)メッセ』で行われる国際会議『小惑星・彗星・流星2012』がアジア初の開催となることにちなんで、日本にゆかりの深い命名が多数承認されたそうなのです。
 
同サイトでは次のように説明されています。

「今回は東日本大震災からの復興を願い、被害が大きかった地域の地名も多数つけられました」

小惑星として名付けられたのは、青森、岩手、宮城、千葉、栃木などの県名や、福島県の会津、中通り、浜通りなどの地方名のほか、岩手県の陸前高田市や長野県の栄村、新潟県の津南町など。
被災地名が小惑星名になった例は、すでに今年3月に承認された『Tohoku(東北)』がありますが、1度にこれだけたくさんの命名がされたのは初めてなのだそうです。
通常、新しい小惑星の命名は、当該分野の研究者を激励する意味で、関連研究者の名前を提案することが恒例となっています。しかし今回は、会議の実行委員会で原案を作成し、命名提案権を持つ発見者グループの米国ローウェル天文台のエドワード・ボーウェル氏と協議しながら、『東日本大震災災害救助法適用地域』に基づき、被災地名の提案・承認が執り行われたのだそうです。
「復興を応援する」という意図で名付けられたこれらの星たち。肉眼では見ることが難しいですが、命名された星たちが浮かんでいる空を見上げ、復興へ向けてさらなる継続的な応援を誓っていきたいですね!
国立天文台
(福島はるみ)



(マイスピ)記事関連リンク
カメラをかざして金環日食シュミレーション! iPhone無料アプリ『金環アプリ2012』
あまりの美しさに言葉を失う、世界各地のスーパームーン写真集
マヤの28日周期11番目5月2日~5月29日「スペクトルの月」は『解放』『溶かす』『解き放つ』

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。