体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

HTC、米Virgin Mobileに「Evo V 4G」を、米Boost Mobileに「Evo Design 4G」を投入、どちらもAndroid 4.0を搭載

プリペイド方式で通信サービスを提供している米Spirnt子会社の「Virgin Mobile」と「Boost Mobile」は5月8日、SprintのWiMAXネットワークを使用した4Gデータ通信サービスを5月31日より開始するのに合わせて、Virgin Mobileは「HTC Evo V 4G」を、Boost Mobileは「HTC Evo Design 4G」を発売すると発表しました。「Evo V 4G」(1枚目の画像)はツインカメラと4.3インチqHD解像度の3D液晶を搭載したEvo 3DのVirgin Mobileモデルです。「Evo Design 4G」(2枚目の画像)は4インチqHDの液晶とシングルコア1.2GHzプロセッサを搭載した端末です。どちらも2011年にSprintより発売された製品ですが、なんとAndroid 4.0+Sense 3.6という内容で発売されるんです。既存モデルのアップグレードはまだなんですが・・・。

Source : Virgin MobileBoost Mobile



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、Xperia ion LT28iを5月末に台湾で発売
NTTドコモ、パナソニック製Androidスマートフォン「P-04D」と「Disney Mobile on docomo P-05D」のソフトウェアアップデートを開始
シャープ、Android/iOS端末との通信機能を備えたロボット掃除機「COCOROBO(ココロボ)」を6月上旬に発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。