体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【坊主めくり】 「地獄の道場でアフロ仏に出会うの巻」松島靖朗さんインタビュー(1/3)

生活・趣味
【坊主めくり】 「地獄の道場でアフロ仏に出会うの巻」松島靖朗さんインタビュー(1/3)

ひさしぶりの『坊主めくり』は、『彼岸寺』の人気連載『ITビジネスマンの寺業計画書』の松島靖朗さんをめくることにしました。私が松島さんのことを知ったのは『Twitter』でした。「おもしろいお坊さんがいるよね」と、弓月さんと話していたのをよく覚えています。お会いしたのは、2年前に弓月さんが登壇した『仏教とコンピューティング』の会場。その後、しばらくして連載の企画をいただいたのでした。
※トップ写真はお坊さんになるために退職するときに、アイスタイル社内で”断髪式”をする松島さん。

ウェルカムおつとめで「仏さまにご挨拶」

インタビュー当日は春の嵐。ビュウビュウ吹き荒れる風のなか、松島さんのお寺・安養寺を訪ねました。しずかな街並みのなかにあるお寺は、境内も堂内もキレイに整えられていて「大切にお寺を守っている人がいる」感じ。お袈裟姿でりりしく現れた松島さんは、「どうぞ本堂へ」と案内してくれました。「ちょっとお勤めしましょう」と。

お坊さんインタビューの前に、「お勤めしましょう」と言っていただくのは初めてのこと。わくわくしながら松島さんの後ろに座り、朗々とした声であげられるお経に聴きほれました。お念仏パートでは、私も懸命に「南無阿弥陀仏」を唱和。ところが、後半に入った頃でしょうか。「杉本家」という言葉が耳に飛び込んできたのです。

「えっ、松島さん、わたしの先祖のご回向をしてくれているの?」とビックリ。いったいどんな「お勤め」をしてくださったんだろう? インタビューは、まず「お勤め」について教えていただくところからスタートしました。

奈良・安養寺本堂にて。

――今日のお勤めはどういった内容だったのですか?
浄土宗の「日常勤行」といって、朝昼晩にお勤めする「差定(さじょう)」――わかりやすく言うと”お経のセットリスト”かな。阿弥陀さんは「南無阿弥陀仏と自分の名前を呼ぶ人すべてを救う」仏としていらっしゃるので、その教えを信じて「南無阿弥陀仏」とお名前をお呼びするのが、浄土宗のお勤めの肝になるところです。そのお念仏の功徳を「振り向ける」って言うんですけど、杉本さんのご先祖さまと一切の衆生にご回向させていただくというお勤めをさせていただきました。※左写真:安養寺の本堂にて。

――じゃあ、私の先祖だけでなく今生きているすべての人に「振り向ける」をされたんですね。すごい、ピースフル!
ははは、そうなんです。まさに大乗仏教です。

――どうして、最初にお勤めをしてくださったんですか?
来ていただいた方にはなるべく本堂にお参りいただくので、それと同じ気持ちです。お迎えさせていただくというか、なんとなくご本尊さんにお参りいただこうかなという。

――お勤めをさせていただくと「お坊さんが仏さまに私を紹介してくれた」というか、「仏さまにちゃんと挨拶できた」感じがすごく新鮮でした。ありがとうございます!

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会