体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

音楽留学したシシド・カフカ、アルゼンチン発祥のリズム・イベント〈el tempo〉を日本に輸入!

音楽留学したシシド・カフカ、アルゼンチン発祥のリズム・イベント〈el tempo〉を日本に輸入!

シシド・カフカが、7月12日(木)のLINE LIVE内でリズム・イベント〈el tempo〉を本人主宰で開催することを発表した。

〈el tempo〉は、100種を超えるハンド・サインを“コンダクター”が操り指示を出すことで、複数の奏者による即興演奏を可能とするリズム・イベント。

アルゼンチンで生まれたこのハンド・サインをアルゼンチンに音楽留学したシシド・カフカが学び、ドラマー、パーカッショニストの有志を募り、日本で開催することを決定した。

メンバーについては随時公表となるが、第1弾アーティストとして東京スカパラダイスオーケストラの茂木欣一、金子ノブアキ、BACK DROP BOMBのMASUO、ROVOから岡部洋一の4名が発表された。

シシド・カフカが原点に立ち返り挑戦する、ミュージシャンとしての新たなステージの幕開けとしても注目のイベント。今後の情報にも期待が高まるところだ。(雄)

〈el tempo(エル・テンポ)〉
10月21日(日) 東京 寺田倉庫G3-6F
出演者:シシド・カフカ、茂木欣一(東京スカパラダイスオーケストラ)、金子ノブアキ、MASUO(BACK DROP BOMB)、岡部洋一(ROVO) 他
後援:アルゼンチン大使館

・〈el tempo(エル・テンポ)〉 オフィシャルサイト
https://eltempo.tokyo/

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。