体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブルーのジュレは、懐かしのラムネ味。プリン専門店「沼津深海プリン工房」がオープン

ブルーのジュレは、懐かしのラムネ味。プリン専門店「沼津深海プリン工房」がオープン!
最近、ご当地プリンが人気ですよね。今回は7月13日(金)、静岡県沼津に新しく誕生するプリン専門店「沼津深海プリン工房」をご紹介。“沼津プリン”も、新しい定番のお土産になっていくのでしょうか。

プリンの上にブルーのジュレ!「深海プリン」って?

ブルーのジュレは、懐かしのラムネ味。プリン専門店「沼津深海プリン工房」がオープン!
駿河湾の深海をイメージしたという「深海プリン」は、青い青いジュレが特徴。このジュレ、ラムネ味なのだそう。見た目のスタイリッシュさとは違って、どことなく昔懐かしい味わいがするのだとか。

ブルーのジュレは、懐かしのラムネ味。プリン専門店「沼津深海プリン工房」がオープン!
ラムネとプリンのコラボレーション、どんな味がするのか気になります!

プレーンや塩キャラメル、抹茶風味のプリンも

ブルーのジュレは、懐かしのラムネ味。プリン専門店「沼津深海プリン工房」がオープン!
店内工房で作られるプリン

ブルーのジュレは、懐かしのラムネ味。プリン専門店「沼津深海プリン工房」がオープン!
「深海プリン」以外にもラインナップはもちろんあります。シンプルなおいしさを味わうプレーン、地元沼津で1,500年以上の歴史が続く戸田塩を使用した塩キャラメル味のプリン、静岡県産の抹茶・ぐり茶を利用した抹茶プリンなど。どれも静岡県産の美味しい素材を厳選して作られているそうですよ。

ブルーのジュレは、懐かしのラムネ味。プリン専門店「沼津深海プリン工房」がオープン!
沼津プリン プレーン

ブルーのジュレは、懐かしのラムネ味。プリン専門店「沼津深海プリン工房」がオープン!
沼津プリン 塩キャラメル

ブルーのジュレは、懐かしのラムネ味。プリン専門店「沼津深海プリン工房」がオープン!
沼津プリン 抹茶

ブルーのジュレは、懐かしのラムネ味。プリン専門店「沼津深海プリン工房」がオープン!
深海ソフト

ブルーのジュレは、懐かしのラムネ味。プリン専門店「沼津深海プリン工房」がオープン!
沼津深海プリン工房
https://numazu-pudding.com
住所 静岡県沼津市千本港町97
※沼津港深海水族館から徒歩1分
オープン日 2018年7月13日(金)
営業時間 10時~18時
定休日 年中無休

[atpress]

ブルーのジュレは、懐かしのラムネ味。プリン専門店「沼津深海プリン工房」がオープン
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。