体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

迷い込みたい!無数の線で「歪んだ空間」

迷い込みたい!無数の線で「歪んだ空間」 写真で見るだけでも、どこまでが壁なんだかがわからない……建物の中ということを忘れてしまいそうな空間です。迷い込みたい!無数の線で「歪んだ空間」迷い込みたい!無数の線で「歪んだ空間」迷い込みたい!無数の線で「歪んだ空間」迷い込みたい!無数の線で「歪んだ空間」迷い込みたい!無数の線で「歪んだ空間」

この気が遠くなるような線を描いたのは、Peter Koglerさん。部屋がまるごとひとつの作品になっています。まるで、空間そのものが歪んでいるように見えます。

過去には、パリやイスタンブール、ウィーンなどで実際に展示されたそうですが、日本にもきてくれないかな〜。Reference: Studio Peter KoglerTop image: © Studio Peter Kogler

関連記事リンク(外部サイト)

「摩訶不思議な街」を生むアーティスト(7作品)
海外でも大人気!ファンタジーな「盆栽ツリーハウス」って?
「妊娠線だって個性」ひび割れをレインボーカラーに。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。