体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レシピ本も発売1週間で大増刷 今、大ブームを起こすさば缶に迫る

レシピ本も発売1週間で大増刷 今、大ブームを起こすさば缶に迫る

今、さば缶が日本で大ブームになっているのをご存知だろうか。生産量はツナ缶を抜き、第一位に。2017年末にテレビ番組で「ダイエットにいい」「おいしい」と取り上げられ、その後スーパーでは品薄状態が続いているという。

水産加工食品メーカー大手のマルハニチロによれば、2017年10月から半年間の売り上げが、前年の同じ時期と比べて4割も増加しているという。

■さば缶の魅力は安さと手軽さ、そしてヘルシーさ

さば缶は1缶200円程度と手ごろな価格ながら、下処理不要で食べることができることから、忙しい現代人にマッチした食材だ。さらに長期保存も可能だ。

コンビニで気軽に購入できるため、家飲みのつまみにも大人気。魚を取る手段としても一人暮らしの男性にはおすすめ。魚不足を気にしている人には、魚を取る手段としても有効だ。

さらにさば缶をここまで人気にさせたのは、そのヘルシーさだ。

DHA、EPAが豊富に含まれているさば缶の栄養価は、食生活が乱れてがちな現代人にとってとても貴重なもの。サプリメントでも不動の人気のEPAは、さば缶3分の1缶で一日に必要な量が摂取できてしまう。食事から摂取できるのは嬉しい限りだ。

さらに、DHAは記憶力向上に効果的といわれており、昨年9月に放送されたテレビ「さんまの東大方程式」では、さば缶をよく食べる東大生が登場して話題になった。

■簡単アレンジで料理の幅が広がり、栄養価もアップ!

そのまま食べても美味しいけれど、さすがに毎日は飽きてしまう…。さば缶はちょっとしたアレンジで、食べ方のバリエーションが格段に広がる万能食材だ。みそ汁、カレー、ぶっかけそばに冷奴・・・いつものメニューにさば缶を合わせれば、ぐっと美味しく、栄養価がアップするのだ。

さば缶ブームに合わせて、さば缶を使ったレシピ本が続々と出版されている。

発売一週間で増刷をした『女子栄養大学栄養クリニックのサバ水煮缶レシピ』(アスコム刊)は、サラダにナムルや酢の物、キムチ納豆といった超簡単なものから、カレーやチャーハン、パスタ、さらには餃子やハンバーグ、麻婆豆腐にゴーヤチャンプルーといった、子どもからお年寄りまで、男性も女性も大満足のメニューが紹介されている。また、すべてのメニューには健康効果が明記されており、自分がほしい効果別にメニューが選べる。

ビタミン、ミネラル、タンパク質、カルシウムが豊富。火を使わずに栄養をしっかり摂取できるさば缶は、この夏こそ食べたい食材だ。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

火星と地球が接近!7月31日の「大接近」の前に知っておきたい火星のこと

隠れた名曲揃い? ロシアW杯出場国国歌ランキング

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。