体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まだ間に合う!下腹を鍛えて“ぽっこりお腹”解消♡

まだ間に合う!下腹を鍛えてぽっこりお腹解消!
こんにちは。ピラティス&ゴルフピラティスインストラクターの太田です。この時期、やっぱり気になる下腹、あきらめていませんか?まだ間に合います!すぐにエクササイズをスタートしましょう。

1.スタートポジション

1.仰向けに両膝を立てて寝ます。
2.骨盤はニュートラルポジション。
3.息を吸って吐きながら右脚を床と並行まで持ち上げます。左脚も同様に持ち上げます。
4.両足の間にスモールボールを挟みます。スモールボールがない場合は、丸めたタオルでもOKです。

エクササイズ

2.両足を伸ばします

1.息を吸って吐きながらボールを挟んでいる両足を伸ばします。
2.息を吸って元の位置に戻ります。10回繰り返します。

エクササイズ

3.ポイント

・スタートポジションでは、肩に力が入りやすいので、気をつけましょう。

・両足を伸ばす時は、肋骨の下から長い脚を伸ばすつもりで伸ばしましょう。

・エクササイズ中、肋骨が開きやすいので気をつけましょう。肋骨が開くと腰が反ってしまい、お腹に効かないので気をつけましょう。

・両脚を伸ばす時は、45度から60度の角度に伸ばします。それ以下になって両足が下がってくると、腰に負担がかかりますので気をつけましょう。

・10回が目標ですが、肋骨が開いたり、足が下がってしまうとお腹に効かないので、回数にはこだわらずに正しいフォームで行える回数でOKです。回数を減らして休憩し、もう一度1から行いましょう。

量よりも質が大切です。腰が反ってしまうほか、腹直筋や大腿四頭筋で頑張らないようにしましょう。下腹に効いているのを確認しながら行ってください。

4.チャレンジ

慣れてきたら、両脚を伸ばす時に、上半身を起こしながら行ってみましょう。

1.息を吸って両腕を天井に伸ばします。

2.息を吐きながら両腕を体の横におろしながら、上半身を起こすと同時に両足を伸ばします。両腕は床につかないところでキープします。

3.息を吸って元の位置に戻ります。

引き締まったお腹で夏を過ごすために、ぜひ続けてみてくださいね!

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

もしかして…ゼロカロリー食品中毒になっていませんか!?
イライラ・不安・緊張に。身体から心をゆるめるツボヨガ~頭編~
【レシピつき】スーパー野菜「さやいんげん」でダイエット&美肌を目指す!
甘いものもOK?スイーツ大好き女子のための『食べ痩せダイエット術』その1
美背中効果アップ!エクササイズと合わせて行っておきたい3つのストレッチ

生活・趣味
美LAB.の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。