体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ザップ、東阪来日ツアーがスタート 濃密なエンタメ空間と化した東京公演をレポート

ザップ、東阪来日ツアーがスタート 濃密なエンタメ空間と化した東京公演をレポート

 80年代を席巻した伝説のファンク・バンド、ザップの東阪来日ツアーがスタート。その幕開けとなる東京公演(1日目)が、ビルボードライブ東京にて行われた。

ザップ ライブ写真(全17枚)

 4階席にまで振動が伝わるほどパワフルなビートに乗せ、メンバーが登場。ステージに上がるや否や息のあったダンスを披露し、初っ端からオーディエンスのハートを掴んでいく。力強い演奏で会場のムードを引っ張りつつも、飛んだり跳ねたりポーズを決めたり、チャーミングな一面を見せるメンバー達。観ても聴いても楽しいステージングで、会場は祝祭感に包まれた。

 エンタメ精神旺盛なパフォーマンスはまだまだ続く。ステージだけでは物足りないと言わんばかりに、客席でギターソロを披露したり、コール&レスポンスを煽ったりと、会場全体をフリーダムに使用。あまりの近さに、周辺のお客さんも大興奮の様子であった。

 また、ブルース・ハープが印象的な「Doo Wa Ditty (Blow That Thing)」では、曲中に会場が暗転。すると、フロント3人の服についていたライトが七色に発光。エレクトリックな雰囲気のまま演奏が続けられ、その度肝を抜く演出に、オーディエンスからは歓声が上がった。

 中盤には、【SUMMER SONIC 2015】の「Billboard JAPAN Party!」での共演をきっかけに交流が生じたタキシードとのコラボソング「Shy」を披露(ちなみにタキシードも現在来日中)。タイトなリズムセクションと、どこまでも広がっていくような心地良いハーモニーに、身体を揺らさないわけにはいかず。気付けばフロアもほぼ総立ちとなっていた。

 「何十回も日本に来てるけど、今回も来られて本当に嬉しい!ありがとう!」と、ラストは「California Love」を演奏し、この日の公演は締め括られた。ステージから降りた後も、メンバー全員がお客さんと握手やハグを交わしたり、会話を楽しんだりと退場までノンストップ。最初から最後まで濃密な1時間となった。

 なおザップは、本日12日にビルボードライブ東京、明日13日にはビルボードライブ大阪での単独公演、そして15、16日には【DANCE EARTH FESTIVAL 2018】への出演を控えている。蒸し暑い日が続く今の時期だからこそ、ザップのライブでもっとアツくなってみてはいかがだろうか。

Photo:Yuma Totsuka

◎公演情報
【ザップ】
2018月7月11日(水)- 12日(木)
ビルボードライブ東京
1st Stage Open 17:30 Start 19:00
2nd Stage Open 20:45 Start 21:30

2018年7月13日(金)
ビルボードライブ大阪
1st Stage Open 17:30 Start 18:30
2nd Stage Open 20:30 Start 21:30

詳細:http://www.billboard-live.com/

2018年7月15日(日)- 16日(月・祝)
DANCE EARTH FESTIVAL 2018 出演
詳細:http://www.danceearthfestival.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ザップ(ZAPP)、7月に東阪来日ツアーが決定
【再掲】videoolio vol.29: ZAPP~来日公演を記念して、過去のライブで披露した名曲の数々をプレイバック!
ザップ来日記念特集~現存するファンク・グループ最高峰のキャリアを追う

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。