体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ユニバーサル・ヘンザップ・サマー」スペシャルセレモニー開催


「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」で、7月11日(水)に「ユニバーサル・ヘンザップ・サマー」のスペシャルセレモニーが開催された。


当日は快晴。招待ゲスト200名を招いてのセレモニーは、テーマソングである“MAN WITH A MISSION”の楽曲「2045」にのせて、オリエンタルラジオ・藤森慎吾さんと、インスタグラムで話題のハーフ美少年・翔くんが、ヘンザップの「先生」として登場するところから始まった。


セレモニーでは、藤森さん率いる「大人チーム」と、翔くん率いる「子どもチーム」に分かれて、「ユニバーサル・ヘンザップ・サマー」の大人気エンターテイメント『ミニオン・スノー・ファイト』で対決。グルーやミニオンたちと一緒に、真夏に“雪”というありえない環境の中で、ウォーター・シューターを手に大熱狂を繰り広げる“ヘンザップ体験”にチャレンジした。

ヘンザップとは、「みんなで一緒に手をアゲて、自分を解き放とう」という意味を込めた造語。多くの人が一緒になって手をアゲることで、他では味わうことのできない一体感と爽快感が味わえる。

ヘンザップを体験した藤森さんは、「ストレスいっぱいの大人だからこそ、ここに来て、ヘンザップするべきだ!たくさんの人とこうやってひとつになれるからこそ、大人も子どもも一緒になって、夏ならではの一体感、解放感、爽快感を味わうことができるんだと思います。」とコメント。

セレモニーに参加した親子ゲストは「頭に雪が積もって、涼しかったし楽しかった(女児・7才)」「内気な娘が普段は見せないような、興奮した楽しそうな姿を見せて、私もテンションが上がりました。また親子で一緒にヘンザップしたい(母30代)」と興奮気味に話していた。

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の夏は2018年もアツい!夏の思い出づくりに“みんなでヘンザップ”、楽しんでみて!

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。