体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

そうめんがすすむ!とうもろこしとタマネギの揚げ焼き簡単レシピ

そうめんがすすむ!とうもろこしとタマネギの揚げ焼き簡単レシピ

夏の定番メニューのひとつ、そうめん。しかしそうめんだけでは、バランスが偏ってしまいがちです。そこで、付け合わせやぶっかけタレなど、夏野菜を使った絶品レシピを、料理研究家の高城順子先生に教えていただきました。

とうもろこしとタマネギ、桜エビの揚げ焼き

とうもろこしとタマネギ、桜エビの揚げ焼きのレシピ

天ぷらは、そうめんの付け合わせとして人気があるメニューのひとつ。おすすめは、とうもろこしやタマネギなど甘みのある夏野菜と、桜エビやちりめんじゃこなどうまみの感じられる食材の組み合せ。そうめんのつけ汁にそのままつけて食べれば、香ばしい甘みとサクッとした歯ごたえが一度に楽しめます。ここでは、かき揚げよりも手軽にできる、少量の油で「揚げ焼き」にする方法をご紹介します。

材料(2、3人分)

とうもろこし:1/2本

タマネギ:1/2個

桜えび:大さじ3

小麦粉:1/2カップ

溶き卵:1/2個分

冷水:1/2カップ

揚げ油:適量

作り方

とうもろこしは茹でて実をそぎ落とし、ほぐしておく。タマネギは縦半分に切って芯を取り、2mm厚さの薄切りにする。桜えびはザルに入れてふり、汚れなどを落としておく。

ボウルに1を入れ、小麦粉大さじ1/2強を入れ混ぜる。

溶き卵と冷水を合わせ、残りの小麦粉を加えてさっくりと混ぜ合わせる。

フライパンや炒め鍋に揚げ油を深さ3cmほど入れて170℃に熱し、2に3の衣をつけ、木じゃくしや木べらに一口大に広げてのせ、滑らせるように油に入れてカラリと揚げ焼きにする。

とうもろこしはドライパックを活用すると便利

とうもろこしを茹でる手間を省きたいときは、ドライパックを使いましょう。煮汁に浸かっていないため水分を切る必要がなく、そのまま使うことができて、時短調理に便利です。水煮缶や冷凍のものを使用してもOKですが、煮汁や解凍時に出る水分をしっかり切るようにしましょう(水分が残った状態で揚げると、油がはねるため危険です)。

オクラとモロヘイヤ、鶏肉の特製ぶっかけそうめん

オクラとモロヘイヤ、鶏肉の特製ぶっかけそうめんのレシピ

暑さであまり食欲がないときは、オクラやモロヘイヤなど、のど越しの良い夏野菜を使いましょう。夏野菜にさっぱりとした鶏のむね肉(ささみでもOK)を合わせた、特製の具をそうめんにたっぷりかけていただきます。タンパク質も摂れ、暑い夏にぴったりの一品です。

材料(2、3人分)

オクラ:6本

モロヘイヤ:正味50g

鶏むね肉:小1枚

めんつゆ:150cc

作り方

塩を少々加えた熱湯で、オクラは約2~3分、モロヘイヤは約1分、それぞれ下茹でし、粗めのみじん切りにして混ぜておく。

鶏むね肉(ささみでもOK)は、耐熱容器に入れてラップをかけ、600wの電子レンジで2~2分30秒ほど加熱
(時間がないときは市販の蒸鶏で代用してもOK)。

2の粗熱がとれるまでそのままにしておき、冷めたら細かくほぐす。

1を茹でたそうめんの上に盛り付け、2をのせて、食べる直前にめんつゆをかける。

ズッキーニのふわふわ食感ピカタ

ズッキーニのふわふわ食感ピカタのレシピ

卵とズッキーニで、簡単に作ることのできるピカタもおすすめ。お好みで塩を振ったりそうめんつゆにつけたり、トマトケチャップをかけて食べます。

材料(2、3人分)

ズッキーニ:小1本

小麦粉:適量

溶き卵(小):1個

塩・こしょう:各少々

ごま油:大さじ1

ズッキーニは5mm厚さの輪切りにし、塩、こしょうを全体にふり、薄く小麦粉をまぶす。

溶き卵に、塩、こしょうをしておく。

フライパンを熱し、ごま油をなじませたら、1を2にくぐらせて並べて入れる。

中火で少しきつね色になるくらいまで焼いたら、一度返してやや火を弱め、中まで火を通す。

そうめんは、野菜のおかずと一緒に食べればバランスがよくなるだけでなく、何通りもの味わいを楽しむことができます。夏野菜を使っていろいろな付け合わせを作ってみましょう。高城順子

高城順子

料理研究家・栄養士

女子栄養短期大学食物栄養科卒。和・洋・中華料理の専門家に師事した後、料理教室の講師を経て、フリーの料理研究家に。研究途上、栄養学の見地から野菜や果物のより有効な活用を思い立ち、エスニック料理の真髄を学ぶために東南アジア諸国を訪問。そこで習得した「美味しい健康食」の料理法をまとめ、発表した『くだものと野菜のヘルシークッキング』は、各方面から評価を得る。
入手しやすい材料からちょっとした工夫で作る料理や、化学調味料を使わない素材を生かした家庭料理が人気。テレビをはじめ、多数の雑誌で料理を発表し続けるとともに、新しい時代の食文化啓蒙活動にも力を入れている。

[とうもろこし]茹で方やレシピと、電子レンジ加熱&保存のコツ

[とうもろこし]茹で方やレシピと、電子レンジ加熱&保存のコツ

甘みが強く、食感も楽しいとうもろこし。新鮮なものを選ぶポイントや、おいしく食べる茹で方、保存のコツをご紹介します。

最終更新:2018.07.11

文:アーク・コミュニケーションズ
写真: 清水亮一(アーク・コミュニケーションズ)
監修:高城順子、カゴメ

VEGEDAY powered by KAGOMEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。