体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フジロックだけじゃもったいない!癒やし効果抜群の新潟男ひとり旅

フジロックだけじゃもったいない!癒やし効果抜群の新潟男ひとり旅

みなさん、フェスに行ったことはありますか? まず、大前提として行ったことない方は、ぜひ行っていただききたい。

特に野外のフェスは、音楽を浴びて、好きな物を食べて、自然を堪能する……。
最高なイベントです。

しかしながら終わったあと……
芦沢ムネト フテネコ

フェス終わった瞬間、本来の体の疲れが出る

バカみたいに疲れます。
そして……
帰りの混み具合に引く

帰りの混み具合に引く

帰りが地獄。

さらに、かの有名なフジロックともなると、山登り&雨がつきものです。
このまま帰るのはしんどすぎる……。
もう一泊して、ゆっくりして帰れたら……。
そんなフジロック終わりを考えながら、今回の旅を参考にしていただきたい。
さまざまな野外フェスに、客としても、仕事絡みでも参加したことはありますが、実はまだフジロックに行ったことがないので(もちろんいつか行きたい!!)
行ったことない人の気持ちを踏まえながら旅に出ました。

あと、大事な事が1つ。今回はひとり旅です。
皆さんは、経験ありますか?

僕はありません。
なぜなら……

「どうしていいか分からないから」

というのも末っ子で甘えまくって育った僕は、ひとりで何かするのが、苦手なのです。話す相手がいない旅なんて孤独すぎる。ひとりじゃトランプもできないし。

しかしながら、最近はひとりでフェスに行く人も多いと聞きますし、フェス後に気ままなひとり旅をしちゃえばライブも楽しめて、疲れも癒やされる、まさに一石二鳥じゃないか! ということで、僕もそんな気分を味わいたい! 誰にも邪魔されず旅に出てみるというのも、一生に一度あってもよいのではないか! 新しい扉が開くんじゃないか!
動きだせ、38歳!

フジロックの後は、新潟の穴場温泉へ

さあ。
今回旅の行き先は、新潟は越後湯沢。
スキーのイメージが強いエリアですが、この季節、果たしてどんな場所なのか? ドキドキとワクワクと少しの不安を抱えて、いざ出発。
 上越新幹線Maxたにがわ

ドキドキの僕と新幹線

早速JR東京駅から、上越新幹線「Maxたにがわ」に乗り込む。決してユーチューバーの名前ではありません。
新幹線にはトキのマーク。早くも新潟の香りが……。

上越新幹線Maxたにがわ 新潟を感じさせるトキのマーク

1時間もすれば、周りの景色はすっかり変わっていく。赤城山を右手に見ながら進んでいきます。自分の位置をグーグルマップで見ると、なんだか不思議な気持ち。俺は今、こんな所にいるのかー……。

上越新幹線Maxたにがわ 新幹線からの車窓 上越新幹線Maxたにがわ Googleマップ

旅の「お供」いや「音も」は吉澤嘉代子、ほのかりん、片平里菜と、気づけば女性シンガーばかり(笑)。どこかで女性を求めているんでしょうか。
もしフジロック終わりなら、憧れのアーティストの生音を思い出しながら、セットリスト通りに曲をプレイバックするなんていうのもいいかも。

そんなことを思って、ふと後ろを見ると

 

あれ?

 

あれ?!

上越新幹線Maxたにがわ ガラガラの車内

誰もいない! この車両誰もいない! マジでひとり旅じゃん!! やべぇ!! 寂しい!! でも負けない!! ここから、背もたれ全開モード突入です。こうなったら、とことん楽しんでやる!

そんな戦いの末、東京から約1時間半で、無事、JR越後湯沢駅に到着。さっそくホームで温泉がお出迎え。
フジロックに参加した人の場合は、フジロック翌日、ここ越後湯沢駅から旅をスタート!

上越新幹線 越後湯沢駅ホーム
上越新幹線ホーム 健康の天使

1 2 3 4 5次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。