体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本物のサイコさんに聞いた!あなたの知らないサイコパスの世界!

どうもどうもどうも! 特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行です!
あなたはサイコパスと呼ばれる人々にどのような印象を持ちますか?

簡単にいうと、サイコパスとは、“反社会性パーソナリティー障害”という精神病者のことです。
一般の人々と比べて著しく偏った考えを持ち、反社会的な行動を取ったり、対人コミュニケーションに支障をきたす人格障害の一種。

サイコパスの人々の主な症状としては、一部の感情他者への愛情思いやりの欠如自己中心的である、道徳観念倫理観恐怖を感じることが少ないといったことが挙げられるそうです。

サイコパスの原因とは、先天的な脳障害と、幼少期に受けた影響を要因にした後天的なものなど、数多く考えられていますが、現状がはっきりとわかりません。全人口の男性3%女性1%が該当するといわれ、日本全体では、その数は150万人にものぼるのです。

最近では、映像作品や小説などの影響で、≪サイコパス=猟奇殺人を起こす人≫というイメージがありますが、それはごく一部。経営者や医者などにも多く、仕事などで優秀な実績を残す人が多いといわれています。

ですから、あなたの近くにもサイコパスと呼ばれる人は実際にいるんですよね。

今回は、個性的な友人が多い僕の女友達である女優さん(もちろんサイコパスと診断を受けた方)に、本当のサイコパスの人は一体何を考え、どんな生活を送っているのかをお聞きすることにしてみました。さぁディープなサイコパスの世界、いろいろと教えてもらいましょう。

誤解されている“サイコパス”

取材をさせていただいたのは、僕原作のWebドラマにも出演してくれた女優の吉田知永さん

東映映画村の俳優養成所に38歳で入所。元々モデル業はやっていたので、女優になる道を選びました。養成所では舞台などで活躍されていたですが、バイク事故で生死の境をさまよい、重い後遺症が出てしまったのです。いい方なので、いろいろと作品にお誘いしている方です。

丸野「どうも、お呼びたてしてすいません」

吉田「いえいえ、最近はサイコパスについて誤解されている部分が多いので、全然説明しますよ

丸野「では、実体験を交えてお願いします。そもそも、どういった家庭環境でお生まれになったのですか?

吉田「芸能一家なんですよ。歌手とピアニストの間に生まれたんですけど、面白い親でしたよ」

丸野「サイコパスに気がついたキッカケを教えてください

<写真:(c)Webドラマ『木屋町事件師稼業』第4話>

吉田「18歳~19歳の時にはサイコパスと気がついていたんですよ、なんか人と違うな、と。例えば、グロいものを観ても、心が動かない。怖くない、感情が湧かない。テレビで報道される凶悪犯罪者の心情がわかる、みたいな。テッドバンディー(※髪の毛がロングでセンター分けをした美女を連続殺害した事件の犯人)に興味があってですね」

丸野「気持ちがわかるということですね?

吉田「ええ。それに、人が死ぬことへのショックという感情がない。小さなときにショックだったのは、人の死よりも火葬することでした。これが人生で最初で最後のショックだったことですかね。人が死ねば、そのままの姿で、安置されるものだと思っていましたから、幼いときは“焼かれる”と聞いただけでオイオイ泣いてました。なんか変だなぁ、と考えていて、」

丸野「ほほう。よくサイコパスの人は残酷な動物虐待をしたりするというイメージがありますが……」

吉田「それは、私はできません。タイプによってまちまちなんですよ。人に関してならできますけど、動物って弱々しくて可愛いものだからしませんね。特に、私は早く子供を産んだからサイコな事件を起こさないというタイプだと思います。もちろん起こす人もいますけど

丸野「猟奇殺人者ではないんですね

吉田「人なんかを殺すのはごく一部です。ただのイメージですよ。でも、人を殺すことって何が悪いのかわからない、という考え方はありますね。無感情なんで。道徳観が欠如しているというか

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy