体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ルーク・エヴァンス、ローランド・エメリッヒ監督による第2次世界大戦の映画『Midway(原題)』に出演へ

ルーク・エヴァンスはウディ・ハレルソンとマンディ・ムーアが出演する第2次世界大戦のアクション映画『Midway(原題)』に出演する。監督はローランド・エメリッヒ。

エヴァンスは、真珠湾攻撃の半年後に生じた1942年のミッドウェー海戦で、日本の艦船2隻を沈没させた決定的な航空攻撃を指揮したウェイド・マクラスキー少佐の役を演じる。米国側の暗号解読者が攻撃の時間と場所を明確にし、米国海軍はミッドウェー島の付近で日本帝国海軍を破った。日本側の被害は甚大であったため、軍事歴史家はこの戦いを戦争の転換点と見なしている。

ハレルソンは、戦争時の米太平洋艦隊司令官を努めたチェスター・ニミッツ軍司令官役を演じる。エメリッヒは、長年のパートナーであるハラルド・クローサーと共にプロデュースを手掛ける。

スターライト・エンターテイメント・グループとプロビデンス・エンターテイメントが出資する。ライオンズゲートが米国内の配給を担い、ボナ・フィルム・グループが中国市場での配給を担う。ライオンズゲートは、エヴァンスの出演についてコメントを避けた。

エヴァンスは映画『ホビット』3部作でバルド役を演じ、また映画『美女と野獣』ではガストン役を演じ、TNTのTVシリーズ『エイリアニスト』ではダコタ・ファニングと共演している。現在は、Netflixの映画『Murder Mystery(原題)』の撮影中で、アダム・サンドラー、ジェニファー・アニストンと共演している。エヴァンスの代理人は、WMEと英国のユナイテッド・エージェンツ。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。