体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Galaxy Note 10.1(GT-N8010)はやっぱりクアッドコアExynosプロセッサ搭載?

 Galaxy Note 10.1はクアッドコアプロセッサにアップグレードして発売されるという(Exynos 4412と予想されている)が流れていますが、それを裏付けることになりそうな情報が出てきました。Galaxy Note 10.1は今年2月にスペイン・バルセロナで開催されたMWC 2012で発表(モデル番号は「GT-N8000」)、発表時のスペックシートにプロセッサは1.4GHz駆動のデュアルコアと記載されていました。そのことからプロセッサはGalaxy S IIやGalaxy Tab 7.7、Galaxy Noteに搭載されているExynos 4210と見られていました。今回Nenamark2に登場した「GT-N8010」。モデル番号からGalaxy Note 10.1のモデルの一つと考えられるのですが(おそらくWi-Fiモデル)、Nenamark2のスコアで同じ解像度のGalaxy NoteやGalaxy Tab 7.7を大きく上回る「58.8fps」だったことからプロセッサが違うと予想されています。Nenamark2のスコア情報の中にGT-N8010のプロセッサがクアッドコアのExynos 4412と断定できる情報は含まれていませんが、Galaxy S IIIとCPUクロックとGPUの情報が同じでスコアも互角であることからGT-N8010にもGalaxy S IIIと同じプロセッサが搭載されているのではないかと予想されています。Source : Nenamark2



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、日本向け公式サイトでGalaxy S IIIの製品情報を公開
HTC One V初のソフトウェアアップデート(1.58.707.4)が実施中
Motorola、米T-Mobile向け「Cliq 2」のAndroid 2.3アップグレードをようやく開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。