体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「このまま死ぬのはあまりにもかわいそう」度重なる罪と動かぬ証拠! 幼妻が思わず夫を引き止めた真意とは ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

「世の中には男と女しかいないのに」死後も続く執念にウンザリ

謎の病気によって一度は絶命した紫の上。その病の原因は、死霊となってさまよう六条御息所の物の怪でした。源氏は生き返ってくれたことが嬉しくてたまらない一方で、こんな状態ではまた死んでしまうのではと心配です。

ちょうど季節は梅雨に入り、蒸し暑さと湿気が快復を阻みます。また、あの物の怪も時々出現しては、何やら悲しげな訴えを続けるのでした。

「読経も祈祷も炎のように苦しい」と訴えていた六条の物の怪に、源氏は罪の軽くなる供養をしてあげますが、内心はこの重さにウンザリでした。生きている時も重かったけど、死んでなお執念を持ち続けているとは……。その根深さ、恐ろしさのあまり、彼女の娘の秋好中宮のお世話すらしたくない気分です。中宮は何も悪くないのですが。

でもそれもこれも結局は自分が招いたこと。世の中には男と女しかいないのに、そこに愛欲煩悩の渦巻く限り、こうした悲劇が起こるのだと思うとすべてが嫌になりそうです。

紫の上は相変わらず出家を望んでいました。源氏は「少しでも彼女が長生きしてくれるなら」『五戒』(在家信者のための儀式)を受けさせます。当時は出家するだけでも功徳が授けられ、病気が治ったり、寿命が伸びたりすると信じられていました。本格的な出家ではありませんが、少しでも病が軽くなるようにとの配慮です。

彼女の長い髪の一筋にハサミを入れ、お坊さんのありがたいお説教を受ける間も、源氏は紫の上にべったりとつきっきり。「一日でも長くこの人と一緒にいたい。そのためならどんなことでもする」。今の源氏には、愛する妻の延命する以外のことは何も考えられません。世間体も忘れ、看病に明け暮れるその顔には、やつれも見えるようになっていました。

「あまりにもかわいそう」夫の嘆きに回復を誓う妻

梅雨があけると本格的な暑さが訪れ、病み上がりの紫の上はますます弱ります。源氏はまた息絶えてしまうのかと、傍目にも痛々しいほど取り乱し嘆きます。

朦朧とした意識の中で夫の悲嘆の声を聞きながら、紫の上は思いました。「私はもう、いつ死んでも構わない。……でも私が死んだら殿はどうなってしまうの?こんなに悲しませた挙げ句に死んでしまうなんて、あまりにもかわいそうだわ」。

死病を超えた妻の胸に去来したのは、以前のような愛情ではなく、夫への憐れみとも言える同情でした。

現代では『絆』は「きずな」と読み、連帯の強さを肯定的に言うことが多いですが、当時は「ほだし」とも読み、自由を妨げる人間関係のしがらみを指す表現でたびたび登場します。夫婦の“きずな”は、妻にとっては“ほだし”でもあったのです。

それにしても、「私が死んだらこの人はどうなるのだろう」という思いは、まるで幼子を残して死ぬ母親のようです。雀の子を逃したと騒いでいた無邪気な少女が、自分を育てた夫をこんな風に思う日が来るとは。時の流れの無情さを感じます。

きずなと、ほだし。そのどちらの力も手伝って、紫の上は源氏のためにもう少し生きていようと決意しました。頑張って少しずつ薬やおかゆを食べるようになり、徐々に枕が上がるようになります。

「この暑い最中に快復の兆しが見えるとは!」と源氏は大喜び。でもまだまだ気が抜けない状態で、六条院に顔を出すようなこともまったくせず、紫の上の病状に一喜一憂していました。

度重なる罪……猫の夢が教えた“動かぬ証拠”

六条院では罪の上に罪が重ねられていました。源氏が六条院に戻ってこないのをいいことに、柏木はあれ以来、想いが募ってたまらなくなるとやってきて、女三の宮に迫ります。

彼女はそれを避けることも拒むこともできず、かといってすすんで受け入れているわけでもなく、いつもなし崩しに押し流されて終わるのです。

世間ではイケメン貴公子ともてはやされる柏木の美しい顔も、宮にとっては疎ましいばかり。光源氏を見慣れた彼女には別に大したものとも思えず、ただ自分に嫌なことをするわけのわからない人、というだけです。

嫌と思いつつ柏木を退けられない宮の胸中は漫画『あさきゆめみし』で次のように表現されています。「どうしてそんなことを聞くの……? 誰を好きだの愛しているだの なぜわたくしをそっとしておいてくれないの……?/こんなことはいや! なにも考えるのはいや……!/わたくしは今までのわたくしのままでよかったのに……」。

空蝉や藤壺の宮など、今まで一度は男の侵入を許したものの、その後は徹底した防衛に出た女性たちとは隔世の感がある三の宮。残念なことに、彼女を”今までのわたくしのまま”ではいられなくする変化が起こり始めます。妊娠の兆候が現れたのです。

柏木が一番最初に想いを遂げた後に見たあの猫の夢は、ズバリ妊娠を指していたのです。一方的に迫られた挙げ句、愛してもいない男の子供を身ごもるなんてと、宮はますます恐れおののきます。

何も知らない彼女の乳母たちはご懐妊に喜びながら、たまにしか来ない源氏を薄情だと責めます。宮の不調を知らされた源氏は、ようやく六条院に行く支度を始めました。

「こんなに元気になって」久々のラブラブ会話に夫感涙

紫の上は久しぶりに気分がよく、髪を洗って涼んでいました。長い髪は乾かすまでも大変で、まだ濡れた髪を広げています。病み上がりの彼女の肌は透き通るように白く、髪は黒々と清らかに広がって、神秘的な美しさです。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。