体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

第5世代移動通信システム「5G NR」の仕様策定が完了

国内外の通信機器メーカーおよび携帯キャリアは 6 月 14 日、 3GPP Plenary 会合において第 5 世代移動通信システム「5G」の標準仕様となる「5G NR」の策定が完了したことを発表しました。
5G とは、ITU/IMT-2020 と 3GPP Release 15 の要件を満たす無線通信技術のことで、1Gbps 以上のスループット、エンドーツーエンドで 1 ミリ秒の低い遅延、99.999% の高い稼働率を主な要件としており、既存の LTE 周波数帯(600MHz ~ 6GHz)と、新しいミリ波帯(24〜86GHz)の追加周波数を用いることで、最大 20Gbps のスループットをサポートしており、大容量の MIMO を使用することにより、ネットワーク容量を大幅に増加させています。
昨年 12 月には LTE と連携する 5G NR の機能を含む「ノンスタンドアロン 5G NR」の仕様策定が完了し、本日ついに LTE とは独立して動作する機能を含む「スタンドアロン 5G NR」の仕様策定が完了しました。
今後は世界標の準仕様として完成した 5G NR をベースに、各社でネットワーク作りや機器作りが進められていくことになります。
なお、今回の共同発表では、NTT ドコモ、KDDI、ソフトバンクをはじめ、China Mobile、アンリツ、Asia Pacific Telecom、AT&T、British Telecom、CAICT、CATT、China Telecom、China Unicom、Chunghwa Telecom、Deutsche Telekom、DISH Network、Ericsson、富士通、Huawei、Intel、InterDigital、Keysight Technologies、KDDI、KT、京セラ、Lenovo、LG、LG Uplus、MediaTek、Microelectronics Technology、三菱電機、NEC、Nokia、OPPO、Orange、パナソニック、Qualcomm、Rohde-Schwarz、Samsung、シャープ、SK テレコム、ソニーモバイル、Spirent Communications、StarPoint、住友電気工業、TIM、Unisoc、Verizon、VIAVI、Vivo、Vodafone、Xiaomi、ZTE など多くの企業が参加しています。
Source : 3GPP

■関連記事
Anker、Bluetooth 5に対応BTトランスミッター・レシーバー「Anker Soundsync」を発売
CodeWeavers、Chrome OSのLinux環境で実行できるCrossOverの開発を表明し、インストール手順を公開
ユニークな折りたたみ式GPSドローン「Funsnap Idol(Xiaomi Idol)」開封の儀

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。