体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【炎上】仮想通貨マイニングで逮捕危機のイケダハヤトが警察挑発か「イケハヤを犯罪者にするチャンス」「取り調べ録音してvoicyで流す」

image1

ホームページ等のインターネットサイトにアクセスした読者のパソコンを告知なく自動操作し、仮想通貨を得る違法性が高い行為「マイニング」をしていたとして、複数の県警が不正指令電磁的記録保管等の容疑で3人を逮捕し、13人を書類送検した件で、衝撃的な展開があった。

・煽っていることも判明
カリスマ的日本人として絶大な支持を得ているブロガーのイケダハヤト先生(池田勇人 / 30歳)も、違法の可能性が高いマイニング行為をしていた可能性が浮上。しかも、世間や警察を挑発するかのようなコメントをインターネット上に投稿し、煽っていることも判明したのである。以下は、イケダハヤト先生のコメントである。

・イケダハヤト先生のコメント
「ぼくもCoinhive一瞬使ったけど、これ犯罪なの?w アホらしいねー。アンチがんばれ!イケハヤを犯罪者にするチャンスやで」
「この件で取り調べ受けたら録音してVoicyで流しますw」

ぼくもCoinhive一瞬使ったけど、これ犯罪なの?w アホらしいねー。アンチがんばれ!イケハヤを犯罪者にするチャンスやで。 https://t.co/kjtxbh5xKe

— イケハヤ (@IHayato) 2018年6月11日

この件で取り調べ受けたら録音してVoicyで流しますw https://t.co/lfernLN6VK

— イケハヤ (@IHayato) 2018年6月13日

・逮捕ドンと来い! という心境か
「アンチがんばれ!イケハヤを犯罪者にするチャンスやで」というコメントは、違法性を強く主張している人たちに対する挑発ともとれる。また、「この件で取り調べ受けたら録音してVoicyで流しますw」というコメントは警察に対する挑発とも取れるため、イケダハヤト先生としては逮捕ドンと来い! という心境なのかもしれない。

・イケダハヤト先生は逮捕されるのかどうか
しかしながら、挑発をしすぎるとトラブルが発生する可能性も高まるため、イケダハヤト先生の逮捕の可能性がより高くなるのではいかとの声もある。はたして、イケダハヤト先生は逮捕されるのかどうか、大きな注目が集まっている。

もっと詳しく読む: 仮想通貨マイニングで逮捕危機のイケダハヤトが警察挑発か(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/06/14/mining-virtual-currency-ikeda-hayato/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。