体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

前園「わスイーツ」JAPANはたい焼のツートップ!モンテール記者説明会

前園「わスイーツ」JAPANはたい焼のツートップ!モンテール記者説明会

 スーパーやコンビニでおなじみのスイーツメーカー、モンテールの2018年夏「わスイーツ」記者説明会が6月14日、6月16日の「和菓子の日」にあわせ東京都内で行われました。今回1996年のオリンピックのサッカー予選リーグでブラジル代表を破る大金星を挙げた「マイアミの奇跡」当時のU-23日本代表キャプテン、前園真聖さんが登場。モンテールの「わスイーツ」商品で日本代表イレブンを選出しました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 洋菓子のイメージが強いモンテールですが、実は和菓子のエッセンスを取り入れた和洋折衷の商品も豊富。これら和洋折衷のお菓子を「わスイーツ」と呼んでいます。今回は2018年新商品を加えた10の商品が「前園 わスイーツJAPAN」の代表候補。各商品をキャプテンである前園さんが試食した上で、その個性を生かしたポジションに指名していきます。

 スイーツ好きとしても知られる前園さん、豪快にかぶりつきながらも、頭の中で「どのポジションにしようか……」と考えていきます。味わいなど、商品の特徴をサッカーのポジションに当てはめるんですから、これはなかなかの難問。

 結果、DFは黒みつときなこ、2種類のわらびもちで「粘り強く」守ってほしいと2バックの体制に。中盤の底は同じくカップスイーツの黒みつ寒天抹茶ムース。

 次いで両サイドバックには新商品「もちもちのつつみ」のみたらし&こしあんクリームと、山梨県の株式会社桔梗屋とコラボした桔梗信玄餅風が選出されました。なんでも「クリームの中からみたらしや、桔梗信玄餅の黒みつが顔を出すところが、戦況に応じて前線に顔を出して得点をうかがうサイドバックに似ている」からだとか。

 そしてオフェンシブハーフはどら焼が並びます。両サイドに、あずきが入った「ふんわりどら焼」と「もちもちのどら焼」。トップ下にはふんわりとパスを通してくれそうな新商品の「ふんわりどら焼 北海道塩バター」。注目のFWは「ふわもちたい焼」の2トップとなしました。たい焼だけに、自由にペナルティエリア近辺を「泳いで」シュート機会をうかがってほしいそうです。


1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。