体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「5ナンバーサイズミニバンかぁ~、どれでも同じでしょ?」って思っている全国のパパさん! 荷室の使い勝手が全然違うので、ちゃんと吟味しましょう

▲左からトヨタ ヴォクシー、日産 セレナ、ホンダ ステップワゴン。同じ5ナンバーミニバンでも、こうやって並べてみると荷室の形って結構違うものです

どれも同じに見えていませんか? 実はよ~く比べてみると荷室に違いがありましたよ~

こんにちは(^^) 編集部の横山です。今回は、ファミリーの強い味方、5ナンバーミニバン「トヨタ ヴォクシー、日産 セレナ、ホンダ ステップワゴン」の荷室をパパ目線で検証していきたいと思います。

「家族がいるし今は子供最優先だから使い勝手のいいファミリーカーかなぁ……。まぁ、ミニバンならどれでも同じだろう、どれでもいいかな。強いて言えばトヨタがいいからヴォ……」

とかなんとか思っているパパさん! ちょっと待ってください!!

確かに家族で使うことが多いでしょうし、そういう目的で購入(を検討)すると思います。が、たまーにはあるじゃないですか、趣味を謳歌したいときだって。

そういう観点でミニバンを眺めてみると、やはり重要なのは、道具を積み込む荷室。

ちなみに横山は「どれもほとんど一緒でたいして変わらないんじゃない?」と思っていました。“容量○○L”とか言われても正直イメージわかないですし……。だから実際に3台を並べてみたんですが、結構違いがあったんです!

荷室の長さを重視したい!!

例えばわかりやすいところで、スキーやスノーボードなど、長さのあるものを積んで出かけたいというアクティブなパパにはヴォクシーの荷室はとっても魅力的かもしれません。

▲わかりやすくするためにスノーボードのカバーは取りました。まさか3本並べられちゃうとは思いませんでした! ▲スノーボードの板の先端はどこでしょう?

3本のスノーボードは左から順に160㎝、130㎝、157cmです。しっかりと長物を載せられるのは秘密があるからなんです。

セカンドシートの下に空間があって、スノーボードの先端がちょうどいい感じに収まるのです! このようにシート下まで有効活用できるので長物もしっかり載せられるんですよ!

でも、こんなに長物載せたらセカンドシートの足元が窮屈そうって思いませんか?? 横山も「うわーこれ、窮屈になるやつじゃん……」と思っていました。

▲膝がほどよく曲げられて快適でした~

ですが、確認してみるとそんな心配は一気に吹き飛びました! 膝がしっかりと伸ばせて、窮屈な感じはありません。

荷室の長さもセカンドシートの足元も広いなら、助手席が狭いんじゃないの? って思われそうですが、助手席も足を伸ばせる十分な広さを確保していました。4人でお出かけするときに誰がどこに座っても十分な広さがあるので席の取り合いの心配はなさそうです!

▲床下収納も広々としています! スノーボードのブーツ3足は余裕で入りますし、小物をいろいろ突っ込んでおけそうです。深さもバッチリです~! ▲手前がステップワゴン、奥がセレナです。ヴォクシーのように床にまっすぐ積み込むのは無理ですね
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。