体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「未来を否定することは誰にもできない」 稲垣吾郎、香取慎吾が発明家に アドリブ盛り込み初プレゼン

「未来を否定することは誰にもできない」 稲垣吾郎、香取慎吾が発明家に アドリブ盛り込み初プレゼン

 稲垣吾郎さん、香取慎吾さんが謎の発明家に扮してプレゼンテーションを行うWEB動画、「プレゼンムービーDr.GORO」「プレゼンムービーDr.SHINGO」が6月14日に特設サイトで公開されました。

 二人がプレゼンテーションしているのは、2017年からブランドメッセンジャーを務めているサントリービール株式会社「オールフリー」の新商品、「オールフリー オールタイム」。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 「オールフリー オールタイム」はノンアルコールビールテイストであるとともに、これまでの概念を覆して、「ペットボトル入り」でしかも「透明」であることが特長。このため発売の発表以来、各メディアで取り上げられ大きな注目をあつめていますが、そのコンセプトを表現したとも言える今回のWEB動画が発売に先駆け公開されています。なお、公開されたのはロングバージョン、ショートバージョンの計4種。他にも特設サイトでは二人が「オールフリー オールタイム」を初めて体験した「初体験!ALL-TIME!?」も公開されています。

 場所は観客の入ったプレゼンテーションの会場。発明家に扮した二人がそろって登場します。ただしプレゼンは一人ずつ。

 大勢の観客の前で「Dr.GORO」が、たんたんと、しかしメリハリをつけて客席にいる人たちに「個性を伸ばすことこそ、多様性を認め合う世界への第一歩なのですから」と語りかけます。そして「オールフリー オールタイム」を一口飲み「おお、これうまいね!すっごいうまい!」と急に砕けた口調に。今度は観客の反応を見て立て続けに二口目を飲み、初めてだと言うにもかかわらず堂々たるプレゼンテーションを披露しています。ちなみに二口目を飲むというのは稲垣さんのアドリブだそうです。

 次に登壇したのは「Dr.SHINGO」。半年後に「えらいことになっている」かもしれない、「未来を否定することは誰にもできない」と語り、その場で飲み始めます。「あぁうまい!」と目を見開くと、「世界を変えるものはたいてい最初はヘンテコなものに見えるのです!」と力強く訴えます。こちらも、観客に受けたオーバーアクションを二度繰り返したり、元々なかった言葉を自由に付け加えたりなど、香取さんらしいアドリブがどんどん盛り込まれたものだそうです。

 決められた台詞や動きで撮影されたかと思いきや、二人に任せた割と自由度の高い撮影だったようです。このため、彼らの思いもこれらの言葉に大いに重ねられているのではないでしょうか。

 「ペットボトルにはいった」、「透明」な「ビールテイスト飲料」。確かに今はヘンテコに思えるけれども、二人が言うとおり単にこれまで無かっただけのものかもしれません。これが世界を変えるナニカになるのか。発売日はもうすぐそこの6月19日。全国コンビニエンスストア限定での取扱いとなります。

情報提供:サントリービール株式会社

(宮崎美和子)

関連記事リンク(外部サイト)

小栗旬主演「銀魂2」正式タイトル&エピソード解禁 「一線を超えた掟破りのパロディ」は続編でも登場!!
孤高のプロ格ゲーマー「かずのこ」も登場 フォルクスワーゲンのWEB動画「UP! ALL NIGHT」第4弾
公開初日なのにWikipediaにストーリーがまるっと掲載 「デッドプール2」が注意を呼びかけ→住人達がサクッと削除

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。