体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ナイトビジョン第2.5世代はどこまで暗視可能?

ナイトビジョン第2.5世代はどこまで暗視可能?

暗いところを明るく見せるナイトビジョンは、暗視の技術的方式によって第1世代から第3世代までに分類されています。ただし、第3世代のナイトビジョンは現用の兵器となるため入手は困難。民間人が入手可能なのは第2.5世代相当のナイトビジョンです。ナイトビジョンはどこまで暗視可能なのでしょう?

ナイトビジョン第2世代は緑の映像

暗視スコープとも呼ばれるナイトビジョンには、第1世代から第3世代まであります。第1世代は第2次世界大戦末期の1944年からのもの。赤外線を投射し、反射した赤外線で暗視する方式ため、映像はモノクロです。防犯カメラやビデオの夜間撮影などに広く使われています。

1960年代から登場するナイトビジョン第2世代は、星明かりのようなわずかな光を電気的に増幅する方式です。このため、第2世代のナイトビジョンは「スターライトスコープ」とも呼ばれます。レンズをのぞくと緑の映像となるのが特徴です。

第3世代のナイトビジョンは第2世代の技術を進化させたもの。現用の兵器であるため、正規輸出ができないため入手は困難を極めます。ミリタリーショップで売られているものは、30万円以上と高価です。

ナイトビジョンで赤外線を照射する

そして、民間人が入手可能な最高レベルのナイトビジョンが第2.5世代となります。そんな第2.5世代相当のデジタル単眼鏡ナイトビジョンが、スパイダーズXの「PR-813」です。撮影機能付きなので、見たままをそのまま録画できます。

このナイトビジョンは350m先まで赤外線を照射できるので、夜の公園での野鳥の観察や自宅周辺の防犯対策に有効でしょう。実際に、真っ暗闇で約10mの距離から赤外線を照射すると、ターゲットが暗闇に浮かび上がりました。

基本スペックは解像度が1280×720ドット(30fps)で保存形式はAVIです。記録メディアはmicroSDHCカード(最大32Gバイト)、電源は単3形乾電池×4本、サイズ/重さは108W×72H×208Dmm/694g。実勢価格は49,800円となっています。

関連記事リンク(外部サイト)

赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた
赤外線ライトで誰にも気づかれずに暗視をする
コンクリートマイクを実際に壁越しで試してみた
カーフィルムは透視できるか実際に試してみた
赤外線ライトを100均の懐中電灯を改造して作る

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。