体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

俳優・小越勇輝さんインタビュー「踏み出せないと思っても、勇気を出して一歩踏み出すことに意味がある」

俳優・小越勇輝さんインタビュー「踏み出せないと思っても、勇気を出して一歩踏み出すことに意味がある」 小越勇輝 小越勇輝

イケメン宇宙人が地球侵略のために、なぜかアイドルを目指すことになるという映画「劇場版 ドルメンX」で、“美少女系美少年”ニイに扮している小越勇輝さん。大人気ミュージカル「テニスの王子様2ndシーズン」で主人公・越前リョーマを長年にわたって演じ、舞台を中心に独自の路線を走り続けてきた小越さんが今作品で感じたこととは…。今年、芸能生活20周年を迎えた若きベテランの仕事観、そして同世代の皆さんへのメッセージをいただきました。

 

ニイという役と出会い、初心に返ることができた

小越勇輝

――作品におけるファンのみなさんの熱気がすごいですよね。

一つの作品のために集まった僕らが、ファン感謝祭をやったり、ファッションショーで踊らせていただいたり活動していくなかで、「ドルメンX」というグループが作品の中だけの存在じゃなくなってきていることを感じています。ファン感謝祭では個々のファンはもちろん、「ドルメンXが好き」という方が大勢集まってくださって、ペンライトやウチワを振って声援を送ってくれた。役柄とはいえ、自分たちがアイドルとして地球を侵略していっているような感覚に陥りましたし、ドルメンXが作品を飛び出して広がっているんだなと実感しました。

――グループでは弟的な立場のニイですが、小越さんにとってはどんな存在ですか?

改めて初心に返ったというか、考えさせられる役でした。ニイというキャラクターを通して、僕もこんな過程を経てきたな……など駆け出しの頃のことを思い出しましたね。僕はニイのように器用ではなく、人よりも稽古を重ねて完璧にやりたいという性格なので、似てない部分もありましたが、原作を読んだ時に共感するところがたくさんありました。

――例えばどんなところに?

生活しているなかでもお仕事をしているなかでも、今回の作品のテーマになっている見栄や嫉妬について考える瞬間って出てくると思うんです。自分で気づいていても避けてしまったり、目を向けないようにしていたところにこの作品と関わって、役柄としても小越勇輝としても、逃げないで考えてみなきゃと思いました。

 

小越勇輝の存在を世界の人に知ってほしい

小越勇輝

――ニイがエゴサーチをする場面もありましたが、小越さん自身、評価は気になる?

SNS社会ですから、見たくなくても自然と耳に入ってくるものもあります。人からどんなふうに見られてるんだろうって気にはなりますけど、世の中にはいろんな人がいて、いろんな意見があって当然なので、そこに振り回されることはありません。

――ドルメンXが地球侵略を目指したように、小越さんの今の野望は?

ドルメンXのように一歩ずつ進んでいって、日本だけじゃなく世界にいる人たちに自分の存在を知ってほしいです。お芝居だけじゃなくバラエティー番組に出演したり、人前に出たりしていると、僕はすごいところにいるんだなって、不思議に感じるんですよ。もっとこういう景色を見たい、もっと僕のことを知ってほしいという欲が以前より強くなっています。ドルメンXは宇宙人なので年をとりませんが、僕は年をとるので(笑)。でも、焦らずにしっかりとその時できることをやっていこうと思います。

1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。