体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

浸食した壁、壁と同化した布など新作発表、ダニエル・アーシャムの個展開催

1806141
ダニエル・アーシャム作品 Copyright by Daniel Arsham, Courtesy of NANZUKA

ダニエル・アーシャムの個展『Architecture Anomalies』が、東京・渋谷のNANZUKAにて開催中。会期は、6月30日まで。

ニューヨークを拠点に活動するダニエル・アーシャム。「フィクションとしての考古学」を意味する「Fictional Archeology」というコンセプトに基づき、立体作品やペインティング、インスタレーション、パフォーマンスなどを制作し、これまでにMoMA PS1やニュー・ミュージアムなどで作品の発表を行なってきた。近年は映像作品の制作にも精力的に取り組み、『Future Relic』と題した短編映画のシリーズを発表している。

本展では「科学的常識、原則からは説明できない逸脱、偏差を起こした現象を含む構造」をテーマに新作を展示。

浸食した壁、壁と同化した布、身体性を連想させるだけの布などのインスタレーションを中心に構成する。

常に新しい素材の探求と実験を繰り返しながら、非現実を生み出すための装置を探し続けるアーシャム。どこにも辿り着く事の無い階段、人工的構造物を覆い尽くす樹木など、困惑させられたり、困惑する事を期待したりする空間や時間を注意深く発見し、作品へと還元する彼の最新作に注目だ。

ダニエル・アーシャム
『Architecture Anomalies』
2018年5月23日(水)~6月30日(土)
会場:東京都 渋谷 NANZUKA
時間:11:00~19:00
休廊日:日、月曜、祝日

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。