体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

米国発!残念な上司のひとこと

米国発!残念な上司のひとこと

 

「Inc.」に掲載されたJeff Haden氏の「デキる上司が言わない(デキない上司はいつも言う)セリフ」という記事を紹介します。が、ビジネスシーンで役立つ内容が書かれているとは思わないで!大真面目に読むよりも、エンタメとして楽しんでください。

以下、翻訳。どーぞ。

 

01.
「キミは聞きたくないかもしれないが……」

米国発!残念な上司のひとこと© iStock.com/jacoblund

悪いお知らせは、誰だって避けたいもの。ですが、このフレーズを前置きされたら誰だって悪い知らせであるとわかります。と同時に、部下の感情を決めつけてくる常套句。まるで話を聞かされている部下に非があるように聞こえませんか?

部下に責任を負わせるのではなく、なぜその判断を下したのか、論理から説明しましょう。部下からしてみればそれでも聞きたくないような内容かもしれませんが、仮定を前置きするよりも、理由をわかった方が問題を客観視できるはず。

02.
「皆、ふらっとにいようぜ」

当たり前ですが、人の特性はそれぞれ異なります。いつも誰かの後押しを求める人もいれば、自分に自身がない人や、「しっかりしろ!」と上司の喝が必要な人も。ある程度自由に働きたい人もいれば、そうでない人もいます。

だかrあ、平等に扱うことが必ずしもフェアとは限らないのです。

03.
「ガッツは買う、ただ効率にも目を向けたい」

米国発!残念な上司のひとこと© Jacob Lund/Shutterstock.com

この言葉にはどんな意味があるのでしょう。まず、部下を見下している。それから、そこまで時間と労力をかけるべきタスクではないことを意味します。きっと、部下を不愉快な気持ちにさせるでしょう。

効率を上げる方法を知っているのなら、ぜひ教えてあげてください。もっといい方法があるだろうと思いつつ、それがわからないのなら、素直に認めること。答えがないことを受け入れて、部下の力を借りればいいのです。

場合によっては、一生懸命働くことがベストな手段であると理解しましょう。デスクでダラけていないで、部下を助けてあげませんか?

04.
「Team(チーム)の中にI(個人)はないだろう?」

チームには、メンバーの数ほどI(個人)が存在します。そして”I”が多ければ多いほど、より最強なチームが生まれます。ひとりひとりの長所や短所、そして価値観、目標が交差してこそ、素晴らしいチームができるのです。

チームの目標を追うことが個人の目標到達にも繋がれば、チームはよりパワフルに。個性を潰して共同体として機能させるのではなく、個人の能力もフルに活かせると良いでしょう。

05.
「もとより、自分の得意分野ではない」

責任から逃れようとしている印象が拭えません。

どんな失敗にも必ず理由があります。何がうまくいかなかったのか。その理由から、学びを得ましょう。

「次に向けて対策を打とう」と言う方が、自分で責任をとる姿勢が見てとれます。よっぽど有能に聞こえませんか?

06.
「またいつものアレか」

米国発!残念な上司のひとこと© iStock.com/JohnnyGreig

これは、人に敬意を払えないトップ営業マンや無愛想なエンジニアなどがよく口にする言葉。

言い換えるなら「これは私がなんとかカタをつける必要がある。周りに同じような成績を残してもらっちゃ困る。でも、とりわけ改善策を打つ気にもならない」といった具合でしょうか。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。