体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

藤代冥砂「新月譚 ヒーリング放浪記」#55 禅的生活

fujishiromeisa1

 仕事で家を離れることの多い生活を送っていると、良くも悪くも流れに心身を任せてしまうことが多くなる。その方が総合的に楽なのだ。
 自宅の部屋のような快適さは旅先の宿泊施設には望めないし、食べ物や衣服なども制限される。無いものは無いのだから、足らぬことに対して不満を並べ文句を口にしていては切りがない。多くを望まずに、流れに任せ、現状をなるべく受け入れ、それを楽しみ、平穏無事に一日を過ごせることに、ただ感謝をする。行雲流水とまではいかないが、そっち方向である。
 家を離れる時の荷物は少ない。一週間ぐらいの行程ならば、機内持ち込みできるサイズのスーツケースとデイパックで済ませてしまう。もちろんカメラ道具一式を含めてである。旅慣れたといえばそれまでだが、旅が日常にあるということは、断捨離が身近にあることに他ならない。持ち物もほぼ決まっているので、用意には15分ほどあれば十分である。行き先が国外になる時は、パスポート分だけ荷物が増える程度である。身が軽いと、心も、気分も軽くなり、風景も明るく見える。軽いに越したことがないというのが、私の移動の大前提である。迷ったら持参せず置いていく。
そしてこの感覚は当然ながら、自宅での過ごし方にも影響を及ぼしている。必要不必要の分別は、肩肘張ることなく、使ったティッシュを丸めるぐらいに簡単なことだし、箇条書きになった教条的なこともなく、通り過ぎるも立ち止まるも流れに任せている。

 このような感じを何で括ろうかと思いめぐらすと、禅という言葉に行き当たった。私の生活は、禅的だなと気づいたのだ。
 

 無論、私は禅堂で座禅の経験こそあるが、僧籍があるわけでもなく、本で学んだりした程度の知識しかない。それもどこまで知識の一部に定着しているかと問えば、かなり怪しいものである。禅はZENの語感に近く、欧米経由の逆輸入的な入り方もしているので、かなり軽い接し方をしてきたと言っていいだろう。ファッション的ですらある。そういう者が、自分の生活は禅的などと口にしていいのかという自戒はあるが、まあそんなに突き詰めなくてもいいだろう、という感じであるので、そういうつもりで読み進めてほしい。
 

 まず禅僧の黒衣がいいなと思う。かなりクールではないか。決して機能的には見えないが、あれを纏えば、さぞ気持ちも引き締まるだろうなと思う。まんまの僧衣ではないが、黒い麻や木綿のそれっぽくアレンジされた服は持っていて、一応冠婚葬祭用として保持しているのだが、そういう場面で役にたったためしもなく、ケースの奥にじっとしたままでいる。以前沖縄の神人(カミンチュ)にあなたの前世は僧侶だと笑われたことがあったが、もしかしたら私の黒衣好きと関係があるかもしれない。
 
 

2ページ目につづく

fujishiromeisa2

 話を禅に戻すと、曹洞宗の総本山永平寺には二度参詣したし、道元の著作を齧ってみたりもしたが、入山する気にはついになれず、というのも団体行動が苦手というのが、理由として大きく、そもそもそんな輩が寺に受け入れられるとも思えず、鼻から真剣に考えられなかったのもある。言い訳として、せめて禅僧的な心持ちで一般人として生活をしてもようではないか、となんとなく考えついたのだろう。そういう訳で勝手な親近感を禅に感じつつ、禅語などを読み繋げているうちに、なんとなく禅的な、そうあくまで禅的なという程度のものだが、そういう感じが生活に溶け込んでいる。
 

 では、そのよくも言った禅的な生活とは、私の場合どんな感じなのか。

 起床時刻は、夏なら4時から5時の間くらい。割と目覚めは良い、まず、片付けや掃除をしたり、庭や菜園の手入れをする。この辺のことは、結構禅僧っぽいのではないか。そして瞑想を軽くする。掃除をしたあとで、血流が良くなり体も温まったところでの瞑想は、眠気に戻ることもなく心地よい。その後に軽い朝食となり、7時くらいからは早々と仕事に取り掛かるのである。
 写真の整理やプリント、原稿を書いたりするわけである。主な知的労働は午前中に終わらせて、午後は撮影にでかけたり、庭仕事や、家事などで体を動かすことが多い。
 昼食は質素なもので、さすがに一汁一菜とはいかないが、庭で採れた野菜を使うことが多い。今の季節だとゴーヤが毎日収穫できるので、それをいただく。
 禅僧の使う持鉢(じはつ)は入れ子状になった漆黒の3つの碗で、これが彼らにとって全ての食事用の器である。料理に合わせて器を選ぶのは、好食家の楽しみの一つだが、欲望を否定する禅では器も至極質素で、持鉢だけで十分とされている。自分もいつかは持鉢だけで暮らせたらと憧れているが、それは余生の楽しみとしよう。
 禅といえば、菜食の精進料理だが、現在私は肉も食べるので、禅的食事とはほど遠い。だが、食事を感謝することは、禅の作法を参考にしている。それは五観の偈と呼ばれていて以下になる。

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。