体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マチュピチュ村に泊まるなら!実際に宿泊したおすすめホテルはここ

南米の観光地といえば、マチュピチュ遺跡は外せないですよね!今回は、マチュピチュ旅行を考えている人の参考になれば…と実際に私が宿泊した2つのホテルを紹介します。

 

費用を抑えたい人にオススメ!Flower’s House


Photo by Satomi

 

立地


Photo by Satomi

マチュピチュ村の入り口、マチュピチュ駅(アグアス・カリエンンテス Aguas Calientes)から徒歩10分~15程の場所にあります。

マチュピチュ駅から出たら、右手に線路を見ながら、走ってきた方向へ戻る形で一本道です。

キオスク小さな売店や、お土産屋さんが立ち並んでおり、少し進むとホテルも増えてきます。中心広場であるアルマス広場までは少し距離がありますが、お土産屋さんや売店が近いので、とても便利です。

 

雰囲気

入ってすぐのスペースが朝食場所を兼ねたレセプションです。決して広くはありませんが、バーカウンターがあります!何より、オーナーさんがとても親切な温かい方でした。

バックパッカーの方や、友達同士の旅行におススメです。

 

アメニティ

photo by pixta

最低限のアメニティーは部屋に備え付けてあります。シャンプー、ボディーソープもあります。日本のものとは違うので髪がごわつきやすいのは南米に限らずあることなので、気になる人は持参するのが良いかもしれません。

 

食事


Photo by Satomi

朝食は写真のような、ジュース、パン、輪切りにしたソーセージの炒め物、コカ茶のビュッフェという内容でした。種類は、後に紹介するHotel El Mapiと比較するとかなり少ないですが、味には満足でした!

量が少なくて心配…という方は、ホテルの近くに沢山小さな売店があり、スナックなどの章句量を調達出来るので心配いりません。

写真はFlower’s Hotelの朝食です。この塩気の効いたソーセージの味付けが病み付きになりました!どこのホテルでもコカ茶が置いてあるところが多いみたいなので、是非飲んでみて下さいね!

 

Wi-Fi

photo by pixta

無料Wi-Fiが使えます。ホテルによってはロビーだけの利用で客室では繋がらなかったり、とても弱かったりするときもありますが、Flower’s Houseは客室でも割とサクサク使えました。

その時々でWi-Fi環境は変わることもありますので、予約時やチェックインの際に確認すると良いですね。パスワードが必要な場合は、そこでフロントで教えてもらえます。

特に個人で出掛ける方は色々調べる為に無料Wi-Fiは欠かせないと思いますが、マチュピチュ村のホテルは無料Wi-Fiが使える場所がほとんどなので、あまり心配はいらないと思います。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。