体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

捨てるのが楽しくなるゴミ箱

捨てるのが楽しくなるゴミ箱

コンビニに行けば、勝手にドアが開く。トイレに入れば、自動で便座があがる。動きに反応するセンサーが働き、部屋の電気までつけてくれる。

日常生活で当たり前になったこれらのテクノロジーが使えないとなると、おそらく面倒に感じるだろう。導入される前は不満がなかったはずなのに……。

いま、「ゴミ箱」も変わろうとしている。

ちょっとした機能が加わったことによって、使い始めたら後戻りができなくなりそうだ。

なめらかなゴミ捨て

捨てるのが楽しくなるゴミ箱© 2018 Makuake

クラウドファンディングサイト「Makuake」で資金調達に成功した「ZitA」には、モーションセンサーが搭載されている。

ゴミを捨てようと手を近づければ、勝手にフタが開き、その3秒後に閉まる。自動で開閉するのが最大の特徴だ。

汚れたり濡れたりしている手でフタを開け閉めする必要がなくなる。ゴミ箱が臭いを放つ心配もなくなる。

主に2つのメリットがあるようだけど、「とりあえず使ってみたい」というのが正直な感想かもしれない。とどまることなくなめらかにゴミ捨てができるのは、ちょっとした楽しみすら覚えそうだ。Top photo: © MakuakeReference: 【ゴミの日にゴミ箱が進化する】自動ゴミ箱_ZitA_ジータ【センサー搭載】 / Makuake

関連記事リンク(外部サイト)

ペットボトルやビニールが吸い寄せれれる「海のゴミ箱」
ニューヨーク中のゴミ箱を「美しい花」がジャック!?
「廃棄量・コスト・CO2」すべてを圧縮するスマートゴミ箱がすごい

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。