体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スタートアップ企業の成長に「待った」をかける“見えないリスク”と“2020年問題”

スタートアップ企業の成長に「待った」をかける“見えないリスク”と“2020年問題” 華々しいイメージばかりが先行する“スタートアップ企業”の誕生と成長の裏側には、創業者でさえ見抜くことのできなかった、様々な“見えないリスク”が存在します。そこで今回は、約2年前にヘルスケアアプリ『カロミル』のリリースで一躍話題となった『ライフログテクノロジー株式会社』の代表取締役・棚橋繁行さんに、AIとテクノロジーの未来、そして、スタートアップ企業ならではの“見えないリスク”についてお話をお聞きしました。スタートアップ企業の成長に「待った」をかける“見えないリスク”と“2020年問題”棚橋繁行

神奈川県出身。1998年、栄養士免許取得。2002年『アウンコンサルティング株式会社』に入社。同社にて数々の上場企業のコンサルティングを担当。2016年に『ライフログテクノロジー株式会社』を共同設立。代表取締役に就任し、同社にてヘルスケアアプリ『カロミル』をリリース。

意外すぎる転身。
栄養士からプログラマーへ

スタートアップ企業の成長に「待った」をかける“見えないリスク”と“2020年問題”

──まず、棚橋さんのこれまでの経歴と、ヘルスケア関連のスタートアップ企業『ライフログテクノロジー株式会社』を立ち上げるまでの簡単な経緯を教えてもらえますか?

棚橋繁行さん(以下 棚橋)「僕は、父親が糖尿病、姉が腎臓病というような背景があったので、“食事と健康”みたいなところにすごく興味がありました。それで、学生時代に栄養士の資格をとって、大手のドラッグストアの店頭で健康食品なんかを販売してたんです。でも、栄養士って食べていけないんですよ、それだけでは。だから、半年くらいで辞めて、次の仕事を探したんです」

──栄養士の資格を活かした仕事を?

棚橋「いや、全然(笑) 僕が二十歳くらいで、まだ『ヤフー』が社員100人くらいだったり、『ライブドア』が『オン・ザ・エッヂ』っていう会社だったころなんですが、『ITってなんぞや?』っていう状態で、とあるシステム系の会社に就職しました。業種は……プログラミング(笑) そこで3年半ほどお世話になってから、ITを使ったマーケティングや広告の運用などをおこなう、比較的大きなコンサルティングの会社に移ったんです」

──まったくの畑違いの業界に飛び込んだにも関わらず、その転職はうまくいったわけですね。

棚橋「そうかもしれませんね。コンサルティングの会社では、ずっとメインの事業を担当させてもらっていて、役員にもならせてもらいました。結果、約11年間勤務してました」

──これまでのお話を聞くと、“会社員”や“組織人”として、すごく順調に思えるのですが……。

棚橋「今もそうかもしれませんが、当時のIT業界は、とにかく勢いがありました。そして、その勢いを支えていたのは、ほかでもなく“人の力”でした。週に3日は帰れない、みたいな。そんなハードワークが続いていたある日、『腎臓に問題がある』って人間ドックで言われて……。精密検査の結果、入院して、手術もしました。それが今から10年くらい前の話です」

独立してはじめて知った
見えなかった“リスク”と苦労

スタートアップ企業の成長に「待った」をかける“見えないリスク”と“2020年問題”

──身体を壊したことが、起業のキッカケに?

棚橋「いや、決してそれだけではないんですが、次のチャレンジの場に悩んでいた時期に『40歳になる前に、好きなことやってみたら?』って、知人が背中を押してくれて……」

──大きな組織から独立することに、不安は感じませんでしたか?

棚橋「もちろん、それはありましたし、今でもあります。資金がいつ尽きるのかもそうですし、『いい人が入ってくれるかな』とか『仕事が予定通り進行できるかな』とか……。あとは、会社を作るときの“資金調達”には相当苦労しましたね。マーケティングの仕事をしていたときに、大きな会社の社長や役員クラスの方たちと話す機会が多かったので“資金を集めること”があんなに大変だとは想像していませんでした」

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。