体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ガル・ガドット、ドウェイン・ジョンソンとアクション映画『Red Notice』で『ワイスピ』以来の再共演!

ガル・ガドット、ドウェイン・ジョンソンとアクション映画『Red Notice』で『ワイスピ』以来の再共演!

ガル・ガドットは、『ワイルド・スピード』シリーズで共演したドウェイン・ジョンソンと新アクション映画『Red Notice』(原題)で再共演する。ガドットは、ワンダーウーマンを演じて以来、これが初の主演作品となる。

『Deadline』によると、ガドットは、『Red Notice』のドウェイン・ジョンソンとの主演契約にサインしたとのことだ。2人は以前、映画『ワイルド・スピード』シリーズで共演。ガドットは、2015年の『ワイルド・スピード SKY MISSION』が同シリーズ最後の出演となっている。

その後、ガドットは『ワンダーウーマン』で世界的に有名となり、DCの世界でニッチなキャリアを切り開いている。現在、『Wonder Women 2』(原題)をロンドンで撮影しており、その次に、2019年4月から撮影がスタートする『Red Notice』に取り掛かるという。

『Deadline』によれば、『Red Notice』の脚本家で監督を務めるローソン・マーシャル・サーバーがガドットを女性の主役にと断固として主張し、自らロンドンまで飛び、彼女と直接出演交渉したとのこと。どうやら、この情熱的な戦略が功を奏したようだ。

『Red Notice』のあらすじはまだ公式に発表されていないが、『Deadline』が報じたところによると、サーバー監督が考えたオリジナルストーリーになるという。同監督は、2018年9月日本公開の『スカイスクレイパー』でもドウェイン・ジョンソンと一緒にタッグを組んでおり、こちらも彼のオリジナルストーリーだ。

『Deadline』で伝えられた『Red Notice』のあらすじは以下の通り。

「世界を股にかけるアクションコメディかつ強盗スリラー映画で、ドウェイン・ジョンソンとガル・ガドット、そしてこれから決定されるもう一人の男性キャストの3人で話が展開していく。ガル・ガドットは、美術界の聡明でミステリアスな人物を演じる」

『Red Notice』(原題)は、現時点では、2020年6月12日にアメリカで公開予定(日本での公開は未定)となっている。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

キアヌ・リーヴスがロシアの犯罪組織と対決する新作映画『Siberia』の予告編が公開!
ライアン・ゴズリングが『ラ・ラ・ランド』監督と再びタッグ!宇宙飛行士ニール・アームストロングに扮する新作の予告編が公開
ファンの鑑!『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を40回以上観た男性が次回作のプレミアに招待
公開から20年、ジム・キャリー主演映画『トゥルーマン・ショー』にまつわる11のトリビア
ジャレッド・レト演じる『スーサイド・スクワッド』のジョーカーを主役にした単独映画が計画中

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。