体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Vivo、ユニークなポップアウトカメラを搭載した全画面スマホ「NEX」を正式発表

中国の人気スマートフォンブランド「Vivo」は 6 月 12 日、ユニークなポップアウトカメラを搭載した全画面デザインの新型スマートフォン「Vivo NEX」を中国で発表しました。
Vivo NEX は 6.59 インチという非常に大きなディスプレイを搭載しながらも、上下左右に狭額縁で画面占有率は 91.24% に達しており、フロントの大部分がディスプレイという今流行りの全画面スマホになります。
ディスプレイは Samsung 製の Super AMOLED を採用しており、解像度は FHD+、アスペクト比 19.3:5 となります。
ディスプレイには指紋リーダーが内蔵されており、画面のタッチで指紋認証が可能となっています。
Vivo NEX の特徴の一つは全画面スマホに適していると言えるポップアウトカメラの存在です。
ここには 1,200 万画素(IMX363、F1.8) + 500 万画素のデュアルリアカメラと 800 万画素のフロントカメラが内蔵されており、フロントカメラを使用する際のモード切り替えによって自動的にカメラモジュールがポップアップしてきます。
Vivo NEX には通常バージョンとフラッグシップバージョンの 2 モデルが用意されており、通常バージョンは Snapdragon 710 プロセッサ、6GB RAM + 128GB ROM を搭載。
一方、フラッグシップバージョンは Snapdragon 845 プロセッサ、8GB RAM + 128GB / 256GB ROM を搭載しています。
Vivo スマートフォンは Hi-Fi オーディオに対応している点が特徴で、今回の NEX には、通常バージョンに「AK4376A」が、フラッグシップバージョンには「CS43199」 + 「SSM6322」の Hi-Fi チップが搭載されています。
Vivo NEX のバッテリー容量は 4,000mAh と大容量で、ようやく USB コネクタに Type-C を採用しました。
Vivo NEX 通常バージョンの価格は 3,898 元で、フラッグシップバージョンの価格は 4,498 元 / 4,998 元となっています。
発売日は 6 月 23 日です。
Source : Anzhuo

■関連記事
Xiaomi、コンパクトになった「Redmi 6」「Redmi 6A」を発表
Montblanc、従来型腕時計をスマートウォッチに変える「TWIN Smart Strap」を発表
Facebookアプリの見やすいところにQRコードスキャナーへのショートカットが追加

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。