体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「見えない苦労が多い、それが“都市土木”の特徴なんです」技術の粋を結集し、外環完成に挑む――外環道(千葉区間)開通の裏側に迫る<第2回>

「見えない苦労が多い、それが“都市土木”の特徴なんです」技術の粋を結集し、外環完成に挑む――外環道(千葉区間)開通の裏側に迫る<第2回>

6月2日、東京外郭環状道路(通称「外環道」)の千葉区間(三郷南IC~高谷JCT)が開通した。このプロジェクトに費やされた時間は約50年、総費用は約1兆5000億円にものぼる。この国家的ビッグプロジェクトに関わった人たちに次々と立ちはだかる壁をいかにして乗り越えたのか、知られざる秘話を語っていただく当連載。第2回の今回は「様々な問題をはらむエリアでいかにして難易度の高い工事を成功させたのか」に迫る。そこには現代日本土木技術の粋が注ぎ込まれていた。

▲6月2日に開催された開通式の様子

見えない部分の苦労が多い「都市土木」

幾多の困難を乗り越え、用地取得はひとまずめどがついた(詳しくは第1回記事をご覧ください)。しかしすぐに着工できたわけではない。「住宅密集地の中を走る一般道を多くのダンプが走ると危険」という地域要望から、工事用車両専用の仮設の道路を新たに作らざるをえなくなった。

「仮設の道路を事業地内に設けましたので、当然、その仮設道路の下にも本体構造物を作らねばなりません。工事している場所と仮設道路が現場の中で混在し、工事の進み具合によって、日々それらの位置関係が変わっていく、という状況が数年続くことになりました。しかも、工事には建設業者も数十社入り、あちこちで工事をしていましたので、工事間の連絡、調整をしなければならないし、工程管理のコミュニケーションを密に取らないとうまくいかない。工程管理が非常に難しくて、膨大なエネルギー費やしました」(国土交通省 関東地方整備局 首都国道事務所 所長の甲斐一洋氏)

さらに地中には上下水道管、ガス管、光ケーブルなどが埋まっているため、おいそれと掘ることはできなかった。そのため10社以上の事業者と協議して、一時的に移設したり防護する計画を決めた。その数、実に約2000箇所。協議に要した時間は計り知れない。

「工事開始までにものすごく時間がかかりました。こういう見えない部分の苦労が多いのが都市部の土木工事、“都市土木”の特徴なんです」(東日本高速道路株式会社(NEXCO東日本)関東支社 千葉工事事務所 所長の木曽伸一氏)

▲市街地一般道へ工事用車両を極力通さないよう道路用地内に専用の道路を構築

現代日本の土木技術の粋を結集

ようやく実際に着工にこぎつけた後も、市街地のど真ん中に高速道路と国道を新設するというプロジェクトには様々な困難が伴った。それらを克服するため、外環道千葉区間は現代日本の最先端の土木技術が惜しみなく投入されることになった。中でも周辺地域に配慮したのが騒音問題と景観問題、日照問題などの環境問題。そのため、高速道路は当初、高架構造で計画されていたが、半地下構造とし、さらに環境施設帯の設置などの構造変更を行った。

▲掘割部を正面からみたイメージ図。高速道路を地下に建設。中央に換気のための開口部を設け、その両端を国道298号を整備。国道本線と民地との間には、幅約17.5mの環境施設帯といわれる騒音等の緩衝帯が設けられた。環境施設帯には、遮音壁、植樹帯、側道、自転車道、歩道が配置され、その地下には上下水道や電線共同溝などのライフラインが収容される

1 2 3 4次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。