体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏前だけど、この暖房器具だけは紹介したい!

夏前だけど、この暖房器具だけは紹介したい!

そろそろエアコンがないと寝苦しい時季になってきました。暑さだけでなく、寒さも年々厳しさを増し、もはや生活に必要不可欠なエアコン。

ところが、どうにも見た目に風情がない。って思いません?いわゆるシロモノ家電のアノどれを買ってもデザイン性は一緒感がイマイチな自分にとって、このポータブル暖炉は、かなり惹かれるんですよねぇ。

さらっと書いちゃいましたがお気づきですか、「ポータブル」ですよ。ちょいと季節外れですけど、今冬にはこういうのが出てきてくれるといいなぁ。夏前だけど、この暖房器具だけは紹介したい!© Younggyu Kwon夏前だけど、この暖房器具だけは紹介したい!© Younggyu Kwon

もっとも、暖炉の火はあたたかいし雰囲気もあってステキ。でも、実際設置するとなれば場所をとるばかりか、薪を手に入れなきゃいけないし、と維持も大変です。

ならばいっそキモチだけでも、なんて感覚で誕生したのがこの「In Frame」なるスリムな暖炉(というかヒーター)。前述の通り、持ち運びだってへっちゃらのよう。

スイッチを入れると、中心の液晶部分にリアルな炎が映し出され、ゆらゆらと揺らめく炎があたたかさを増長してくれます(多分)。

焚き火をしているときをイメージしてください。あの揺らめく炎って、どういうわけかリラックスした気持ちにさせてくれますよね。そこがウリ。もちろん、火の始末の心配だって要らない。

壁掛け・床置き

どこでもOK

夏前だけど、この暖房器具だけは紹介したい!© Younggyu Kwon

完全フラットな形になるので、壁掛けも可能。つまり場所の制約なしに好きなところに取りつけられるのも◎。さらには、フレームを動かして床置きもOK。

ちょっとした洗濯物を乾かすにもこれで十分そうだし、何かと重宝しそうでしょ?

ま、ほんとに小さな炎でしょうけど、これだけでも雰囲気あるじゃないですか。暖炉の前にいるような……はさすがに厳しいかもしれないけど。夏前だけど、この暖房器具だけは紹介したい!© Younggyu Kwon

あの、ナニ持って歩いてるんですか?

エアコンですけど、なにか?

みたいな。Top photo: © Younggyu KwonReference: Younggyu Kwon

関連記事リンク(外部サイト)

テーブルの上に置く「暖炉」。
ルーヴル美術館のピラミッドにあこがれ「ガラスの暖炉」が完成した
家中が「ホームシアター」になるポータブルスピーカー。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。