体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バイトのヘルプって嫌なら断ってもいいの? メリットってある?

バイトのヘルプって嫌なら断ってもいいの? メリットってある? バイト ヘルプ メリット デメリット バイト ヘルプ メリット デメリット

アルバイトの職種によっては「ヘルプ」というシステムがあります。出勤日に別の店舗へ行くこともあれば、自分が休みの日にヘルプをお願いされることもあるので、大変だと感じる人もいるかもしれません。一方で、ヘルプに入るメリットもたくさんあります。この記事では、バイトにおけるヘルプの説明とメリット、ヘルプに入れないときの断り方などを解説していきます。

【目次】

バイトでよくある「ヘルプ」って何?

バイト ヘルプ メリット デメリット

バイトで「ヘルプ」といえば、「手伝い」を指します。ただし、職種や状況によってヘルプの意味合いは変わるので注意しましょう。

たとえば、スーパーマーケットやコンビニでは「レジのヘルプに入って」と指示される場合があります。レジが混んできたので、別の作業を一旦止めて、忙しい場所を助けるのがここでの「ヘルプ」です。

また、シフトに入っているバイトが少ないとき、休みのアルバイトスタッフが「ヘルプ」を頼まれるパターンもありえます。平日や繁忙期はどうしてもバイトが少なくなりがちなので、ヘルプは珍しいことではありません。姉妹店がある、あるいはチェーン店の場合、他の店舗に臨時でシフトに入るのもヘルプのうちのひとつです。キャンペーン中の店舗、開店直後の店舗などは通常よりもお客さまでにぎわい、通常時のバイトだけではまかなうのが困難です。そのため、期間限定で他店のバイトを補充し、忙しい時期を乗り切ります。

さまざまな意味のあるヘルプですが、大まかには「ほかの店舗やほかのスタッフの仕事を助ける」と覚えておきましょう。

 

ヘルプに行くのが嫌だと感じる人が多い理由

バイト ヘルプ メリット デメリット

アルバイトをしている人の中にはヘルプに行くのが嫌だと感じる人もいるようです。なぜ嫌だと感じるのかの主な理由は3つとなります。

普段働いている環境と異なる

仮に同じ系列の店で、店舗共通のマニュアルを使っていたとしても、仕事の進め方や使っている器具などは店舗によって異なることもあります。普段慣れている仕事だとしても環境が変われば気も使いますしやりづらさを感じてしまう場合もあるでしょう。

他スタッフとの意思疎通が取りづらい

仕事は1人で進めるものではないので、他の人との連携が大事になります。その点、普段コミュニケーションを多くとっているスタッフではなく、他の店舗のスタッフと連携するのはいつも以上に労力がかかってしまうこともあります。

業務の進め方・流れが異なる場合がある

こちらも同様に、店舗によって異なる場合があります。高額紙幣が入った時の確認の有無や、判断を仰ぐ際に誰に相談するかなど、各店舗によって独自のルールがある場合があり、身についた仕事の進め方のルールを一旦捨て、その店舗のルールに則る部分に仕事のやりにくさを感じてしまう場合もあるようです。

 

嫌なら断ってもいいの?

バイト ヘルプ メリット デメリット
1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。