体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ノマドワーカーにオススメ! Nomad、2800mAhバッテリーを内蔵したケーブル発売

外出時に充電ケーブルをバッグに忍ばせているiPhoneユーザーは多いのではないか。特に、出先で仕事をしたりすることが多い人は、電源がとれない事態に備え、モバイルバッテリーも用意しているかもしれない。

そんな人にオススメしたいのが、Nomadがこのほど発売したバッテリーケーブル。2800mAhのバッテリーを内蔵したケーブルで、充電ケーブルとしても、モバイルバッテリーとしても使える。

・バッテリー容量20%増

Nomadはこれまでも同様のケーブルを展開してきたが、今回の新バージョンはバッテリー容量が20%増えている。2800mAhもあればiPhoneをほぼフル充電できるので出先でも安心だ。

このバッテリーケーブル、電源を確保してiPhoneをつなげば充電ケーブルとして使えるのだが、ケーブル内のバッテリーが空でも、つないだiPhoneの充電を優先する。そしてiPhoneの充電が終わってから、自身のバッテリーの充電に自動で切り替える。

・MFi認証取得済み

ケーブルの長さは1.5メートルあり、かなり丈夫なバリスティックナイロンで覆われているので多少手荒い扱いをしても大丈夫そう。

また、このケーブルはAppleのMFi認証を取得していて、iPhone 5からiPhone Xで利用できる。iPadはサポートしていない。

価格は49.95ドル(約5500円)。iPhoneユーザーで、カバンの中を少しでもすっきりさせたいノマドワーカーはチェックしてみてはどうだろう。注文はNomadのサイトで受け付けている。

Nomad

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。