体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ウイスキーの名品「山崎」の古樽を使って仕込まれた『山崎蒸溜所貯蔵 焙煎樽仕込梅酒ソーダ割り』は熟成感に唸る!

 

世界的なウイスキー原酒不足。一説には中国富裕層の拡大でウイスキー消費量が増え、もともと人口の多い中国なので、世界的にウイスキーが不足するレベルにまでなったんだとか。恐るべし。ジャパンウイスキーを代表する銘柄「山崎」も目下品薄。そんな中、梅酒と山崎の樽が出会って生まれたのが『山崎蒸溜所貯蔵 焙煎樽仕込梅酒ソーダ割り』だ。

 

香り高い山崎の古樽を焙煎して、ウイスキー同様、山崎蒸溜所で熟成されたひと味違う梅酒ソーダ

ウイスキーが足りないんなら増産すればいいじゃないの、と考える人もいるかもしれないが、その熟成には5〜10年かかるのは当たり前。はいそうですか、と増産したからといって店頭に並ぶには年月がかかってしまう。

そこで近年ブームになっているのが、熟成期間を必要としないジンなどのスピリッツ。そしてここにきてサントリースピリッツが選んだのはリキュールだ。サントリースピリッツ『山崎蒸溜所貯蔵 焙煎樽仕込梅酒ソーダ割り』(350ml缶・希望小売価格 税抜198円・2018年5月15日数量限定発売)は、文字通り、梅酒をソーダで割ったRTDタイプの缶ドリンク。

アルコール度数は5%と軽やかで、その甘酸っぱさから女子受けも良いのが梅酒イメージだが、それを焙煎した山崎の古いウイスキー樽に仕込んで熟成されているので、シャンパンゴールドのパッケージデザインが表すように、男性が飲んでもおかしくない少々ハードな印象のものに仕上がった。

それでは飲んでみよう。プルタブを落とすと立ち上るのは、梅酒ではあるがウイスキーのアロマも程よく盛り込んだ、高級感のあるもの。

すっと口に含むと強すぎない炭酸が舌の上を刺激し、ふんわりした甘酸っぱい梅酒感が広がるのだが、余韻がややこしいひと癖あるアロマ。香ばしさと馥郁さを併せ持ったウイスキーのアロマが梅酒を強力にドレスアップしている印象。

確かに清冽な香りとスモーキー感の両立したウイスキー「山崎」のプロフィールをうまく取り込んでいる。これは梅酒の枠をはみ出す美味しさだ。この手があったか…。

入手は全国の酒販店、スーパー、コンビニエンスストアなどで。数量限定で発売中。

 

 

関連記事リンク(外部サイト)

コンビニ限定『ザ・モルツ サマードラフト』は柑橘風味の爽快感で夏のビールタイミングを華やかに彩る!
『頂〈いただき〉』なにかと話題の新ジャンルはガツンと飲みごたえある本格派の酒だった!
サントリー『明日のレモンサワー/ウメサワー』ウッチャン・テッチャンが言うなら飲むしかない!?
『サッポロ 愛のスコールホワイトサワー』ノスタルジーを感じさせる乳性炭酸”愛入り!?”サワードリンク
ビール系新ジャンル『本麒麟』はひたすら味にこだわった従来とは角度の違う再現力!

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。