体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゴミ箱にはNG!土の捨て方|ガーデニング・園芸の基本

ゴミ箱にはNG!土の捨て方|ガーデニング・園芸の基本

ガーデニングなどで不要になった、園芸用土の捨て方をご紹介。土をゴミとして回収してくれる自治体は少ないですが、捨て方にはちゃんとルールが存在します。ルールを守って、正しい土の捨て方を実践してくださいね。

目次

意外と知らない土の捨て方

 

意外と知らない!土の捨て方

ここでは土をゴミとして捨てる際の、基本的な捨て方をご紹介します。

 

【注意】土はゴミ箱に捨ててはいけない!

ガーデニングなどに使った土は、ゴミと一緒に出せば良い、なんて思っていませんか?
ところが実は、土はゴミとして扱われてはいないのです。
その捨て方は自治体によって異なり、特に東京都では自治体による土の回収や処分は行われないことがほとんど。
そうした地域では、有料で専門の業者に引き取ってもらうか、自宅の庭にまいて処分するしかありません。
くれぐれも、公園などにこっそり捨てに行ったりしないように。不法投棄になりますよ!

 

ゴミとして出せる場合の土の捨て方

© PIXTA

ガーデニング用の土をゴミとして回収している自治体でも、捨て方に関する細かいルールはそれぞれ異なります。
ここでご紹介する方法はあくまで一例ですので、お住まいの地域の土の捨て方に従うようにしてくださいね。

【用意するもの】

ビニール袋・・・適量

【要らなくなった土の捨て方】

不要になった土から、小石や植物の根などを取り除きます。

次に土を袋に入れていきます。大量に入れると回収してもらえないので、土を入れた袋を片手で持てる程度の量にしておきましょう。

自治体によっては袋を二重にしたり、半透明の袋に入れるように指定されている場合があります。事前にお住まいの地域の捨て方を確認しておいてください。

袋に入れた土を、自治体の指定するゴミの収集日に出してゴミ出し完了です。

また、ガーデニング用の土が可燃ゴミ・不燃ゴミのどちらに分類されるかも、自治体ごとに異なっています。
こちらも事前に分別方法を確認して、自治体が指示する捨て方に従って出すようにしてください。

 
【植木鉢やプランターごと捨てるのはNG】

土をゴミとして捨てても良い自治体でも、植木鉢やプランターごと捨てるのはNGです。
植木鉢やプランターは材質によって別の回収日が定められているため、土と容器は必ず分けてゴミに出すようにしましょう。
大きさによっては粗大ゴミに分類されるケースもあるので、こちらもお住まいの地域のルールをよく確認しておいてください。

 
【園芸用土のリサイクルを行っている自治体も】

一部地域では、要らなくなった土を回収してリサイクルを行っている自治体もあります。
回収業者と違ってお金がかからないのがメリットですが、回収場所まで自分で持っていく必要があります。
ここでもゴミとして出す際と同様、大量に出すことはできませんので、小分けにして持っていくようにしてくださいね。

 
土の捨て方はいかがでしたか? たかが土といっても、その捨て方には様々なルールが存在します。
お住まいの地域のルールを守って、正しく捨てるようにしましょう。

ゴミ箱にはNG!土の捨て方|ガーデニング・園芸の基本
土づくりの基本も要チェックです!

Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。