体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エアーバンドは航空機の動きで周波数を切替える

エアーバンドは航空機の動きで周波数を切替える

航空機のパイロットと空港にいる管制官との無線交信がエアーバンドです。エアーバンドは特徴の1つが周波数が変わっていくこと。エアーバンドの舞台となる空港にはたくさんの周波数が割当てられ、各管制席に配分されて、別々の交信をしているのです。エアーバンドの管制席の順番を見ていきましょう。

エアーバンドは追っかけ受信をする

エアーバンド受信は、航空機の動きに沿って各管制席を順番に受信していく“追っかけ受信”をする必要があります。さっそく、管制席の役割を出発から到着へ向かって追っかけていきましょう。

クリアランスデリバリー「CLR」(管制承認伝達席)は、駐機場で交信する管制席で、出発の前に提出したフライトプラン(飛行計画)が承認されたことをパイロットに伝達します。

グランドコントロール「GND」(地上管制席)は、航空機が駐機場を出て誘導路を自走、滑走路の直前に着くまでを管制。パイロットに使用する誘導路を指示します。

タワー「TWR」(飛行場管制席)は、滑走路と空港の周辺空域が受け持ち。パイロットに滑走路への進入を許可し、続いて離陸の許可を出します。空港における管制の中心的役割を果たすのがタワーです。

エアーバンド攻略の第一歩は移管

ディパーチャー「DEP」(出域管制席)は、離陸して高度を上げつつある航空機を、レーダーで捕捉して上空の航空路まで導きます。

航空路管制(コントロール)「ACC」は、上空に張り巡らされた航空機の飛行ルートを監視する、空港とは別の場所にある管制席。日本の上空を4つの空域に分け、その空域を高度や範囲によって細分化したセクターを単位として細かく管制します。

アプローチ「APP」(入域管制席)は、航空路から出て空港へと高度を下げる航空機を管制。降下や減速を指示して滑走路へと向かわせます。

タワー「TWR」(飛行場管制席)は、滑走路への着陸を許可する管制席です。そして、グランドコントロール「GND」(地上管制席)は、滑走路を出た航空機に誘導路を指示して、駐機場へと導きます。

これが基本的な管制席の移り変わり(移管)です。各管制席には専用の周波数が割当てられているので、管制席が移管される度に周波数が次々と変わっていきます。管制席の移管の流れをマスターすることが、エアーバンド攻略の第一歩です。

関連記事リンク(外部サイト)

飛行機の荷物が優先的に出てくるテクニック
飛行機の遅延補償はクレジットカードを活用
飛行機の座席はどこに座るのが一番安全なのか?
スカイマーク「いま得」がLCCよりお得な理由
国内線が格安!60%オフでもキャンセル料500円

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。