体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「無痛!無痛!無痛はまだか~!」待ったなしの陣痛。麻酔を入れてもらえるまでの長い道のり by ぺぷり

こんにちは! ゼクシィbabyみんなの体験記をご覧の皆さま。おませな6歳娘と、自由人な3歳息子を育児中の、ズボラ母のぺぷりです。

出産予定日の1週間前の事でした。朝一のトイレで発見したわずかな鮮血。

「これは・・・おしるしだ!」

正産期に入っても、なかなか子宮口が開かず(私も私の母も妹も、子宮口が固く閉じているタイプ)、自分はまだまだと思っていた矢先のことだったので、急に訪れた出産の始まりに、焦りを隠せませんでした。

私は痛みに非常に弱く、妊娠する前から「無痛分娩で生む!」と決めていたほどです。 妊娠がわかり「無痛分娩」をしてくれる産院に通い、出産の痛みという恐怖から逃れられると思っていたものの、 妊娠後期になった時に私の通院している産院は麻酔を入れるのはお産がある程度進んでから(目安は子宮口7~8センチ)ということを知り絶望していました。 前回エピソード:鼻からスイカ?私は“無痛分娩”だから痛みは感じない!・・・余裕のつもりがまさか!? by ぺぷり

いざおしるしが来て出産のスタート地点に立ったところで、いいようのない恐怖が襲ってきて思わず体が震えます。

「お母さんになるんだ!頑張れ私!」と自分に言い聞かせ、少し落ち着きを取り戻して、おしるしがきたことを夫と実母に伝え、まだ不完全だった入院準備に取り掛かりました。夫は立ち合い予定なのですが、初産だし、私の親族の出産傾向を鑑みて

f:id:akasuguedi:20180605132208j:plain

きっと私の出産も長丁場だろうと思い、入院してから来てもらうことにして、その日は不安いっぱいの中、会社へ送り出しました。

ただ、入院まで一人で過ごすのも心細くて、当時は隣町にあった実家に行くことにしました。「出産は体力勝負やで!ステーキ食べて力つけな!」そんな母のアドバイスに従い、ステーキランチを食べに行きました。

f:id:akasuguedi:20180605132326j:plain

当時(娘出産時)は陣痛アプリなんて便利なものはなかったため、陣痛らしきものがくるたびにメモ帳にメモをしていました。このころの痛みは生理痛の少し重い感じ。でも、普段あまり生理痛の酷くない私にとって、この時点で少しへこたれそうでした。

その日は陣痛らしきものが来るたびに痛みで動作が止まるものの一応普通に生活を送ることができ、夜まで陣痛間隔が狭まることはありませんでした。

f:id:akasuguedi:20180605132418j:plain

ズンズンくる痛みに、陣痛間隔をメモする字が歪みます。「まだまだ序の口・・・頑張らないと。 もう結構痛みが強い時もあるけど、一体いつまで我慢したら産院に行けるんだろう・・・?」

(内心:「早く無痛を・・・!」)

f:id:akasuguedi:20180605132500j:plain

そんなこんなで結局一睡もしないままに朝を迎えたことを、このあと死ぬほど後悔するなんて、この時は知る由もなかったのです。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。