体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これひとつで「300種類のワークアウト」

これひとつで「300種類のワークアウト」

ポケットにも収まる「Monkii」は、ドアに引っ掛けて使うタイプのワークアウトグッズ。場所に縛られることなく、自宅でもホテルでもトレーニングができるようになるのがポイントだ。

正直、似たような製品は多く開発されている。……にもかかわらず、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」では約8600万円の資金調達をしている。

なぜ「Monkii」はアメリカで人気を集めているのだろうか。

飽きずに続けられる
ワークアウト

これひとつで「300種類のワークアウト」© Dan Vinson and David Huntこれひとつで「300種類のワークアウト」© Dan Vinson and David Hunt

いまアメリカでは、特定のマシンで一定の動きをする筋トレから、飽きずに続けられるフィットネスにトレンドがシフトしている。そのため、クロスフィットやボルダリング、スラックラインなどが注目されている。

これらに共通するのは、トレーニングを行うたびにメニューが変わるところだ。

「Monkii」にも同じ特徴があり、できるワークアウトは300種類をこえるという。実際に使うときには、毎回異なる方法で体を鍛えられる。

また、TRXを設置しているジムも少ないなかで、サスペンショントレーニングを気軽に楽しめる。

「Monkii」が開発されたおかげで、豊富なトレーニングをどんな場所でもできるようになった。持ち運びも簡単だ。だからこそ、6,000人以上が投資して、約8600万円を集める結果になったのだろう。Top photo: © Dan Vinson and David HuntReference: MONKII™ | A Gym in your Pocket

関連記事リンク(外部サイト)

「クロスフィット」は、飽きっぽい人でも続けられる。
寝る時間を惜しんでまで、ワークアウトしたくなる「客室」
ワークアウトを続けられない人は、必見。自主的に運動するための8つのアイディア

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。