体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

警察の検死技官が頭蓋骨から個人を判別する方法

警察の検死技官が頭蓋骨から個人を判別する方法

頭蓋骨から得られる個人情報は性別、年齢、血液型、身長、死後経過時間。他にも目の大きさや鼻の形、顔型、歯形。警察の犯罪捜査は、胴体がなくとも首さえあれば何とかなるものなのです。発見された頭蓋骨から生前の顔貌を蘇らせる科学警察研究所の検死技官が個人を判別する方法を見ていきましょう。

検死技官は頭蓋骨の縫合で年齢判断

まず年齢判断は頭蓋骨にある「縫合」の癒着の状態を確認します。縫合とは、簡単に言えば骨と骨をつなぐ「ギザギザ」のこと。赤ちゃんの頭がフカフカしているように縫合は幼児期には離れていて、成長とともに次第にくっついていきます。

そして、老年期には完全に癒着して今度は線が消えはじめるのでした。この縫合による年齢判断はかなり正確で、およそ5歳刻みの判断が可能。他にも骨細胞の老化具合、歯の摩滅の進行程度も参考にして検死技官は年齢を見分けるのです。

男女の性別判断は「肉眼判断法」と「判別関数法」という2つの観点から検証されます。肉眼判断法とは、頭蓋骨全体の大きさや形、前頭骨の発育状態、乳様突起、頬骨結節などの状態を見て男女の性別を見分ける方法です。

検死技官は頭蓋骨から復顔像を制作

検死技官は経験的に目視で100%の判定が可能ですが、判別関数法を用いてもう一度検証します。判別関数法は、すでに採取してある男女の頭蓋骨のさまざまなデータに、出てきた骨の数字を数式に代入。男女の判断がつくというものです。

頭蓋骨から性別と年齢が判断がつけば、検死技官は復顔像の制作をさっそく開始。骨と顔の肉の厚さは年齢によって差があり、年齢さえ判別すればデータの平均値に従って肉付けをしていくだけで、それにふさわしい顔ができるといいます。

そして、口は歯列によって大きさを判断。鼻の形や大きさは「梨状口」と呼ぶ骨の穴で判断します。穴が短くて幅が広い人はダンゴ鼻。長くて狭い人は鼻が高い人。梨状口の上下についている小骨の角度で、ワシ鼻かブタ鼻かという判断も可能です。

検死技官の泣き所となるのが頬部

目の大きさや位置は、眼窩を三等分にする線を引くのがポイント。下の線が目の中心を横切るように決めます。目尻や目頭は、眼窩の縁2ミリ内側で決定し、眉毛は眼窩に沿わせます。また、顔の形は骨を見ればわかるでしょう。

ここで検死技官の泣き所となるのが、太ったり痩せたりで肉の厚さが6~15ミリも変化する頬部です。人間の顔は鼻から上の部分は年齢による変化、性別による違いがそれほどありません。どんな人も鼻からの上の肉づきは骨の上3ミリ厚です。

要するに太った痩せたという印象は、すべて鼻の下で発生しているもの。口角、頬、顎。この辺りが変化しています。こうした印象は洋服のサイズやベルトの位置、年齢などと照らし合わせながら、検死技官は推定していくことになるのです。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
覆面パトカーの見分け方「ユーロアンテナ」とは

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。